logo

ネットアンドセキュリティ総研、「2006年中国通信市場の予測~10大トピック分析を中心に~」の販売を開始

2006年、中国の通信市場全般にわたるM&Aが加速し競争は激化!!それによる様々な影響・動向を10トピックから完全把握!

ネットアンドセキュリティ総研株式会社は、株式会社ROA・Groupが、2006年における中国通信市場の変化を、最も重要な要因である中国政府の2006年の主要な政策をまず分析し、その後影響するテクノロジー及びサービス、そしてデバイスから計10トピックを見出し、そこから予測を行い、その結果をまとめた調査資料「2006年中国通信市場の予測」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年1月25日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
「2006年中国通信市場の予測~10大トピック分析を中心に~」の販売を開始
~2006年、中国の通信市場全般にわたるM&Aが加速し競争は激化!!
     それによる様々な影響・動向を10トピックから完全把握!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、株式会社ROA・Groupが、2006年における中国通信市場の変化を、最も重要な要因である中国政府の2006年の主要な政策をまず分析し、その後影響するテクノロジー及びサービス、そしてデバイスから計10トピックを見出し、そこから予測を行い、その結果をまとめた調査資料「2006年中国通信市場の予測」の販売を開始しました。

【詳細URL: リンク


■■ 資料概要 ■■

◆2006年は中国の通信市場全般にわたるM&Aが加速!!

2006年の中国における通信市場は今までとは異なる状況に変化すると期待されている。中国は他国に比べ政府の通信市場全般にわたる介入と政府の権限が強い国で、2006年は中国政府により幾つかの主な通信政策が決定される時期であるためである。これをまとめると以下のようになる。

1) 3G技術の標準規格の選定と事業者割当
2006年の中国通信市場の大きなトピックのうちの一つとしてやはり3G技術の標準採用と事業者割当をあげることができる。WCDMA とCDMA2000、中国独自の標準技術であるTD-SCDMAの3つの技術全てが有力視されている。

2) 通信市場全般にわたるM&A

2006年は中国の通信市場全般にわたるM&Aが加速するとみられる。中国政府の人為的な介入の結果によるものではあるが、3G技術の標準規格の選定と事業者割り当て以降の市場活性化により事業者間でのM&Aが行なわれると予想される。

上記の2つの中国政府の介入の意図だけを考慮してみても、通信市場全般に及ぼす波及効果はさまざまに枝分かれして現れるだろう。

ROA Groupは、2006年に本格化する中国政府の強力な介入意志と、市場活性化政策を整理し、これにより直接的・間接的に影響を受けるテクノロジー、サービス、デバイスのトピックを整理した。その中から合計10のトピックについて選定を行い、その詳細内容についてまとめた。


◆2006年中国通信市場の10大トピック

「2006年中国通信市場の10大トピック」レポートは、前述のとおり通信市場において最も重要な要因である中国政府の2006年の主要な政策をまず分析し、その後直接的・間接的に影響するテクノロジー及びサービスのトピック、そしてデバイスのトピックを分析することに焦点を合わせた。

このような視点で分析した理由は、中国は特性上政府による通信政策の方向性と意志が重要なためである。新しいテクノロジーの登場とそれを基にしたサービスの出現、端末の供給等は全て政府規制が実行後に可能なことであり、市場の活性化もまた事業者の意志よりも政府の意志により左右される傾向が強いためである。


■■ 調査概要 ■■

◆調査方法
本レポートの作成のため、ROA Group は広範囲にわたるSecondaryResearchを行なった。また各種の文献調査を含む、ROA Group 全体のシニアコンサルタントグループとの協議及びアドバイス、またROA Group内の諮問委員グループによる諮問を並行して行なった。

◆購読対象
本レポートは2006年中国通信市場全般の理解を高めようとする通信事業者や端末メーカーにとって大変参考となる資料である。またそれ以外にも新規ネットワーク基盤のサービス(WiMAX、VoIP等)に関心のあるソリューションベンダ、コンテンツプロバイダにとっても大変有効なインプリケーションを提供できるレポートである。


■■ 目次 ■■

▼エグゼクティブ サマリー

▼Policy Issues
1.中国通信市場構造の変化:M&A加速化の可能性
 1-1 背景とキーポイント
 1-2 トピック分析
 1-3 2006年の展望
2.3G標準の選択と商用化
 2-1 背景とキーポイント
 2-2 トピック分析
 2-3 2006年の展望
3.中国端末市場の新しい調整要素:端末ライセンス許可批准制(核准制)
 3-1 背景とキーポイント
 3-2 トピック分析
 3-3 2006年の展望
4.中国携帯電話の実名制の導入とその影響
 4-1 背景とキーポイント
 4-2 トピック分析
 4-3 2006年の展望
5.Black phoneの実態と対応案
 5-1 背景とキーポイント
 5-2 トピック分析
 5-3 2006年の展望

▼Technology & Service Issues
6.中国通信市場のコンバージェンス革命を主導するVoIP
 6-1 背景とキーポイント
 6-2 トピック分析
 6-3 2006年の展望
7.中国におけるWiMAXの成長可能性
 7-1 背景とキーポイント
 7-2 トピック分析
 7-3 2006年の展望
8.中国PHS市場の展望
 8-1 背景とキーポイント
 8-2 トピック分析
 8-3 2006年の展望

▼Device Issues
9.携帯電話のコンバージェンス加速化
 9-1 背景とキーポイント
 9-2 トピック分析
 9-3 2006年の展望
10.IPTVの導入期における成功の可能性と展望
 10-1 背景とキーポイント
 10-2 トピック分析
 10-3 2006年の展望

◆表目次

[表1-1] 6大通信事業者のビジネスポートフォリオ
[表2-1] 3G技術標準別の長所・短所の比較
[表5-1] Black phoneの分類と弊害
[表5-2] 正規端末及びBlack phoneの販売台数及び市場規模比較
[表7-1] WiMAX技術のサービス形態
[表8-1] PHSサービスが可能な発展方向

◆図目次

[図1-1] 中国通信産業改編の現況
[図1-2] 6大通信事業者合併シナリオ
[図2-1] 3Gサービスの加入者予測値
[図3-1] 許可批准制と審査批准制の比較分析
[図3-2] 許可批准制(核准制)により追加でライセンスを受けた企業
[図3-3] 端末ライセンス所有企業のネットワーク分析
[図4-1] 実名制実施の必要性及び問題点の分析
[図5-1] 中国Black phoneを統制するための方案
[図6-1] 中国VoIP市場の地域別構図の分析
[図7-1] 中国国内のWiMAX市場のポジショニング
[図7-2] 中国WiMAX加入者の需要予測
[図8-1] 中国PHSサービスの加入者数の変化推移及び予測
[図8-2] 金時空で発売した無線インターネット接続可能なPHS端末-injoyM300
[図9-1] 中国の携帯電話コンバージェンスの主要ポイント
[図9-2] Lenovo製「i717」
[図9-3] Motorola製MPX
[図10-1] 中国IPTVのバリューチェーン
[図10-2] IPTVとケーブルテレビの長所・短所


■■ 資料概要 ■■

資 料 名:2006年中国通信市場の予測~10大トピック分析を中心に~
発 刊 日:2006年1月
発   行:株式会社ROA Group
販   売:ネットアンドセキュリティ総研
判   型:A4版・100頁(予定)
頒   価:
・CD-ROM(PDF)タイプ 99,750円
  (税抜95,000円+消費税4,750円)別途送料 500円
・PDFのハードコピータイプ 99,750円
  (税抜95,000円+消費税4,750円)別途送料 500円
・CD-ROM(PDF)+PDFのハードコピータイプ 102,900円
  (税抜98,000円+消費税4,900円)別途送料 500円

【詳細: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。