logo

VoIPの通話先として最も大きく伸びているブラジルとナイジェリア

米国の調査会社テレジオグラフィー社は、国際通信におけるVoIPトラフィックの通話先として、発展途上国が急成長していると報告している。

2005年12月15日
テレジオグラフィー社の発表によると、国際通信におけるVoIPトラフィックの通話先として、発展途上国が急成長しているとのことである。昨年、ブラジルは112%、ナイジェリアは103%と大きく成長した。バングラデシュは約3倍増の81%、ドミニカ共和国は97%と続く。世界的には、VoIPトラフィックは2004年に35パーセント成長した。 2001年以来、ラテンアメリカは国際的なVoIPトラフィックの最も大きな通話先で、2004年の世界市場の36%を占めた。メキシコは通話時間の約半分の53億分がVoIPで、VoIPは音声通信の収益の半分を占めており、メキシコのキャリアにおける経済的な影響は甚大である。

テレジオグラフィー社は、2005年に国際的なVoIPトラフィックが国際音声通信の約16%を占め、420億分を超えると予測する。



◆調査レポート
テレジオグラフィー2006
リンク

◆米国テレジオグラフィー社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事