logo

ネットアンドセキュリティ総研、「UWB市場動向分析レポート2005」を販売開始

次世代高速無線通信を実現化する技術、UWB(Ultra Wide Band)の市場規模の予測、参入企業の動向、技術動向などを多面的に分析!

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、有限会社ボイスワーク(代表取締役社長 西村 毅 東京都千代田区)が提供する、次世代高速通信規格として普及が予測されるUWB(Ultra-Wide Band)に関する現状と今後をまとめた「UWB市場動向分析レポート2005」を発行しました

報道関係者各位

平成17年9月29日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
   「UWB市場動向分析レポート2005」を販売開始
~次世代高速無線通信を実現化する技術、UWB(Ultra Wide Band)の
    市場規模の予測、参入企業の動向、技術動向などを多面的に分析!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、有限会社ボイスワーク(代表取締役社長 西村 毅 東京都千代田区)が提供する、次世代高速通信規格として普及が予測されるUWB(Ultra-Wide Band)に関する現状と今後をまとめた「UWB市場動向分析レポート2005」を発行しました。

詳細ページ: リンク


■■ 商品概要 ■■

UWB(Ultra Wide Band)は、次世代高速無線通信を実現化する技術として、多くの企業の関心を集めています。今年5月には、参入企業の思惑もあり、長期化していた「ワイヤレスUSB 1.0」の仕様も固まり、今後は製品化へ向けた動きが加速化されます。

本レポートは、UWBチップセットをはじめとするUWB製品市場規模の予測、参入企業の動向、その他の無線規格などを含めた技術動向など、多面的な分析をしております。
 
市場規模予測では、不確定要素を考慮し、順調に普及が進む「ポジティブパターン」と普及度合いが低い「ネガティブパターン」の2通りのシナリオを基に2010年までの推移を算出しました。(一部2009年まで)

2010年の※UWBチップセット市場は、ネガティブパターンでは、出荷台数が1,800万台、金額177億8,400万円、一方、ポジティブパターンでは、8,850万台、867億3,000万円の規模が予測されます。そのほか、製品化が最も早いとされるUSB対応ドングル製品の市場規模なども算出しております。

※15製品対象


■■ 調査背景 ■■

▼2005年5月、「ワイヤレスUSB 1.0」の仕様が策定され、参入企業の製品化へ向けた戦略スタンスが固まりつつある。同仕様では、MB-UWB方式が採用されたが、DS-UWB陣営の製品展開が注目される。

▼年末から年明けに、UWB製品の一部の販売が予定されているが、先行製品は「ワイヤレスUSB 1.0」準拠品ではなく、DS-UWB製品が中心である。

▼UWBが普及する上で、その他の無線規格との関係にも注目が集まっている。携帯電話端末、ハンズフリーセットなどで息を吹き返した観がある「Bluetooth」、更なる高速化を図る次世代無線LAN規格「IEEE 802.11n」と新興勢力であるUWBは、どのような相互関係を形成していくのか、注目が集まっている。

▼日本国内のUWB利用については、干渉問題などを含む法整備が未解決だが、今年度内に何らかの解決策が提示される方向にある。

▼UWB技術の応用範囲は、PCから民生用機器に至るまで広範に及び、今後の具体的な市場規模に企業の関心が高まっている。


■■ 調査目的 ■■

▼不透明ながらも、期待高まるUWB製品の今後を数値化すること。2通りの普及シナリオに沿って、UWBチップセットや対応製品の市場規模を算出する。(UWB対応が予測される製品として15製品を選択)

▼既に普及している無線LANやBluetoothの市場性を考慮し、UWB製品を含めた今後の勢力形成に対する見解を示す。

▼参入企業に対するヒアリングを基に、各社の製品動向や市場戦略をレポートする。


■■ 調査概要 ■■

◆ 調査方法: チップセットメーカ/ベンダーへの直接取材

◆ 調査期間: 2005年7月~8月


■■ 目次 ■■

1. UWBの現状

 1 - 1 ワイヤレスUSB 1.0 標準化1
   ・ワイヤレスUSB 1.0 仕様
   ・その他のインターフェイス
   ・標準化の意味
   ・容易でない仕様変更
   ・MB-OFDM方式へ移行する企業
 1 - 2 UWBの用途
   ・広範な対応分野
 1 - 3 干渉問題
   ・干渉の実態
   ・消えない懸念
   ・解決策の模索
 1 - 4 BluetoothとUWB
   ・これまでの経緯
   ・次世代Bluetooth
 1 - 5 UWBと無線LANの関係
   ・無線LANと共存/対立
   ・IEEE 802.11n と対立
   ・両規格の将来像
   ・ワンチップ化の動き
 1 - 6 UWBチップセット動向
   ・UWBチップセット価格
   ・参入企業の動向

2. UWB製品市場規模

 2 - 1 国内UWBチップセット市場規模(出荷台数/金額)
   ・2005~2010年 市場規模 (ネガティブパターン)
   ・普及への課題
   ・2005~2010年 市場規模 (ポジティブパターン)
   ・潜在需要の顕在化
   ・ネガティブパターン/ポジティブパターン比較 (出荷台数/金額)

 2 - 2 UWB対応ドングル市場規模(出荷台数/金額)
   ・2005~2010年 市場規模 (ネガティブパターン)
   ・仮説
   ・2005~2010年 市場規模 (ポジティブパターン)
   ・仮説
   ・ネガティブパターン/ポジティブパターン比較 (出荷台数/金額)
   ・Bluetoothドングル市場規模の現状と今後
   ・UWB製品の第一弾として

 2 - 3 UWB対応無線基地局市場規模 (出荷台数/金額)
   ・2005~2010年 市場規模 (ネガティブパターン)
   ・仮説
   ・2005~2010年 市場規模 (ポジティブパターン)
   ・仮説
   ・ネガティブパターン/ポジティブパターン比較 (出荷台数/金額)
   ・無線LANベンダー(AP/BBR販売)の動向

 2 - 4 UWB搭載(内蔵)製品別市場規模 (製品ジャンル別)
 [パーソナルコンピュータ・周辺機器]
  1. パーソナルコンピュータ 
   ・パーソナルコンピュータ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載パーソナルコンピュータ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  2. PDA・ハンドヘルド 
   ・PDA・ハンドヘルド出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載PDA・ハンドヘルド台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  3. インクジェットプリンタ(複合機含む)
   ・インクジェットプリンタ(複合機含む)出荷台数推移
    (2004-2009年)
   ・UWB搭載インクジェットプリンタ(複合機含む)台数予測
    (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  4. ページプリンタ 
   ・ページプリンタ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載ページプリンタ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  5. イメージスキャナ
   ・イメージスキャナ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載イメージスキャナ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
 [AV・デジタルカメラ]
  6. 携帯型デジタル音楽プレーヤ
   ・携帯型デジタル音楽プレーヤ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載携帯型デジタル音楽プレーヤ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  7. カラーテレビ
   ・カラーテレビ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載カラーテレビ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  8. DVD-ビデオ機器
   ・DVD-ビデオ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載DVD-ビデオ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  9. 液晶プロジェクタ
   ・液晶プロジェクタ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載液晶プロジェクタ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  10. デジタルカメラ
   ・デジタルカメラ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載デジタルカメラ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  11. ビデオ一体型カメラ
   ・ビデオ一体型カメラ出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載ビデオ一体型カメラ台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
 [生活家電]
  12. 家庭用ゲーム機
   ・家庭用ゲーム機出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載家庭用ゲーム機台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
  13. 携帯電話端末
   ・携帯電話端末出荷台数推移 (2004-2009年)
   ・UWB搭載携帯電話端末台数予測 (2004-2009年)
   ・仮説(ネガティブパターン/ポジティブパターン)
 2 - 5 海外市場動向
   ・米国
   ・中国
   ・韓国

3. 企業動向

 3 - 1 UWBチップベンダー各社の動き
   ・製品化へ向け加速
 [各社の動向]
  1.インテル
   ・UWB標準化への歩み
   ・UWB市場への見解
   ・製品動向
   ・日本の電波干渉問題への見解
   ・UWB注力分野
   ・デジタル家電への進出
   ・既存Bluetooth市場への見解
  2.フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン
   ・UWB市場への見解
   ・UWB標準化への歩み
   ・製品動向
   ・ワイヤレスUSB 1.0 規格化後の市場戦略
   ・UWB注力分野
   ・日本国内での展開
   ・日本の電波干渉問題への見解
   ・既存Bluetooth市場への見解
  3.ウィザー
   ・製品動向
   ・UWBの実装方法
   ・デモの実行速度
   ・MB-OFDM方式採用について
   ・日本の電波干渉問題への見解
   ・UWB注力分野
   ・既存Bluetooth市場への見解
  4.太陽誘電
   ・製品動向
   ・既存Bluetooth市場への見解
   ・既存無線LAN市場への見解
  5.YRP研究開発推進協会
   ・MB-OFDM vs DS-CDMAの行方
   ・日本国内の電波干渉問題について
   ・既存Bluetooth市場への見解
   ・既存無線LAN市場への見解
  6.ソニー
   ・製品動向
   ・MB-OFDM vs DS-CDMA双方に対応
   ・市場戦略
  7.NECエレクトロニクス
   ・ワイヤレスUSB製品開発のロードマップを発表
   ・ワイヤレスUSB製品に対する取り組み
   ・市場戦略
  8.日本ジー・アイ・ティー
   ・製品動向
   ・市場戦略
  9.三洋電機
   ・製品動向
   ・市場戦略

 3 - 2 その他UWB関連企業  (順不同)
 10.富士通
   ・ファンドリー企業として参入
   ・市場戦略
 11.旭硝子
   ・製品動向
  12.オムロン
   ・製品動向

 3 - 3 Bluetoothチップベンダー動向  (順不同)
  13.CSR
   ・製品動向
   ・ワイヤレスUSBへの見解
   ・ワイヤレスUSBとの棲み分け
   ・UWB搭載のBluetooth(ver.3.0)について
  14.セキテクノトロン
   ・製品動向
   ・ワイヤレスUSBへの見解
  15.コーンズドッドウェル
   ・製品動向
   ・ワイヤレスUSBへの見解
 16.ヤノンアイテック
   ・製品動向
   ・ワイヤレスUSBへの見解

4. サマリー

 4 - 1 UWB市場への期待
   ・市場ボリューム
   ・参加企業の増加
   ・継続的なワイヤレス需要
 4 - 2 UWB市場の今後
   ・ブレイクポイントの模索
   ・普及へのトリガー最終頁


■■ 商品概要 ■■

商 品 名:「UWB市場動向分析レポート2005」
発 刊 日:2005年9月
発  行:有限会社ボイスワーク
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判  型:A4 版 105頁[印刷+CD-ROM(PDF)]
価  格:126,000 円
    (本体120,000 円+消費税6,000 円)別途送料500円

【詳細URL】: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込み下さい。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。

この資料は【MR&R マーケティングリサーチ&レポート】でも販売しています。
---------------------------------------------------------
   □□□【 MR&R マーケティングリサーチ&レポート 】□□□
         リンク

MR&Rは、マーケティングを中心としたビジネス支援ポータルサイトです。マ
ーケティングに役立つタイムリーなレポートやデータなど豊富なコンテンツを
即座にご利用いただくことができ、企画・コンサルティングや営業資料・プレ
ゼンテーション資料作成をサポートします。
---------------------------------------------------------


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立 :1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:高柳
info@shop.ns-research.jp

関連情報
http://ns-research.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事