logo

ネットアンドセキュリティ総研、「Strategic Market Analysis Voice over IP services in Europe」を販売開始

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、日・韓・中における移動体通信市場の専門リサーチ業務を行っている株式会社ROA Group(東京都新宿区)が、制作した調査資料「Strategic Market Analysis Voice over IPservices in Europe 」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成17年9月28日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
「Strategic Market Analysis Voice over IP services in Europe」
を販売開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ
総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、日・韓・中における
移動体通信市場の専門リサーチ業務を行っている株式会社ROA Group(東京都
新宿区)が、制作した調査資料「Strategic Market Analysis Voice over IP
services in Europe 」の販売を開始しました。

【詳細URL】 リンク

※本レポートは英文レポートです。


■■ 調査概要 ■■

VoIPは技術の発展とブロードバンドの普及により、個人及び法人市場において、
着実に成長しており、今後同市場の成長に期待が高まっています。これに伴い、
通信市場での新たなビジネスチャンス創出の期待をこめて、通信事業者をはじ
め、サービスプロバイダーやインターネットポータル等の関連企業が進出に向
けて動いています。

今昨、爆発的な携帯電話の普及とVoIPサービス市場の拡大により、欧州の固定
通信事業者は収益が減少し、市場規模が縮小される傾向にあります。今後の通
信市場において、VoIPサービスは脅威な存在として浮上しており、今後の動向
に注目すべきです。

本レポートでは、欧州におけるVoIP市場について分析している。VoIP技術動向、
マーケットセグメント、ビジネスモデル、各プレイヤー戦略を中心に分析して
います。

本レポートは、通信事業者、ネットワーク設備メーカー、サービスプロバイダ
ー、その他VoIP市場へ関心を持つ企業を対象に作成しました。


■■ Executive Summary ■■

The term Voice-over-IP refers to all types of voice communication that
uses packet-switching (IP technology) instead of traditional circuit
switched technology.

VoIP is now taking off in enterprises and at home thanks to technology
advancements and increased broadband penetration. The basis in IP
enables innovative and dirt-cheap services. Not only telecom operators
are now rushing to the market but also broadband providers and
independent new service providers, of which among them are global
players known from Internet portals and software companies.

Incumbent operators and internet service providers focus on
fixed-mobile convergence and bundled services (triple-play), but there
are many more players that develop innovative services, such as
distance learning, video conferencing and unified messaging.
For broadband access providers VoIP can act as a catalyst in selling
broadband access with higher margins. If free (peer-to-peer) VoIP
services are successful then traditional telecom operators face a loss
of revenue, which is not limited to fixed networks because mobility
will be provided by wireless data networks (e.g. WiFi, UMTS).

This report explains the VoIP technology and market segments, together
with the business models of VoIP services and related player’s
strategies.


■■ Scope of the Report ■■

The market uncertainties that affect the future of these business
models are rooted in demand, business, regulations and technology. In
order to find the winning applications for users companies experiment
with new offerings, creating new market segments.

Presently the uncertain market does not favor centralized and highly
controlled services. Voice as a commodity product will induce heavy
price competition. Open IP networks allowing distributed services, on
the other hand, greatly stimulate innovation, which in the end
provides higher value to the actors involved.

Other important factors impacting the future of the market are:
 ・the ownership of all access networks, leading to vertically
  integrated models
 ・regulation against service bundling, leading to vertically
  disintegrated models
 ・choices for customers and strong consumer demand for new features,
  leading to all kinds of new converged services and devices.

So what is the VoIP market? The first chapter provides an introduction
about the VoIP technology and the services market. Insight into the
market is given by identifying VoIP applications (types of usage),
and drawing the (functional) value chain.

In the second chapter technical terms and common components of a VoIP
network are explained. This could be of interest to anyone who needs
to know more about the technical workings of VoIP.

The third chapter contains examples of players currently active on the
VoIP market. In which market segment are they active, which products
and services do they offer or technologies do they have? Service
provider’s strategies and recent market developments are summarized.

In the fourth chapter the business model analysis of VoIP services is
made. The VoIP applications, value chains, technologies and players
on the market are related to the current (or possible) business
models.
The value chain and service value functions are determined, as well
as the technologies and points where revenue can be made.

The fifth chapter dives into the current trends that lead to further
development of those business models, and changes in current market
uncertainties that will cause changes in the market structure. Using
assumptions possible possibilities for the future are drawn.


■■ Who should read this report? ■■

The report is intended for carriers, network equipment vendors,
service providers and enterprises considering VoIP. It provides a
unique insight in the points of revenue in the business models and it
determines the qualitative market uncertainties and their
consequences for the future. This research is based on case studies.


■■ 目次 ■■

(※レポートは全文、英文となっております)

エグゼクティブ・サマリー

1. 欧州市場におけるVoIPサービス市場の構造
 1.1 トレンド
 1.2 VoIP技術のイントロダクション
 1.3 バリューチェーン
  1.3.1 機能的バリューチェーン
  1.3.2 VoIPサービスのバリューチェーン
 1.4 VoIPサービス
  1.4.1 利用形態/サービス提供
   ・企業内利用のLAN/WAN/VPN
   ・VoIPにおけるキャリアバックボーン
   ・VoIP over Broadband (Dependent/Independent)
   ・Peer to Peer
 1.5 VoIPの利点及び弱点
  1.5.1 VoIPの利点
   1.5.1.1 企業、キャリア、サービスプロバイダー
   1.5.1.2 エンドユーザー
  1.5.2 VoIPの弱点

2. テクノロジー
 2.1 ハードウェア
 2.2 プロトコール
 2.3 ソフトウェア

3.プレイヤー
 3.1 ネットワーク装備メーカー
 3.2 グローバルバックボーンキャリア
 3.3 サービスプロバイダー
  3.3.1 ファシリティベースのサービスプロバイダー
   ・Fastweb,Italy
   ・France Telecom
   ・BT
  3.3.2 ブロードバンド・アクセス・インディペンデントモード
   3.3.2.1 SIP & Softhpone
   3.3.2.2 Peer-to-Peer
    ・Peerio platform by Popular tELEPHONY
    ・Skype
    ・Microsoft
    ・Google
    ・Yahoo!

4. ビジネスモデル
 4-1 序論及びメソドロジー
  4.1.1 セグメンテーション
  4.1.2 ビジネスモデルディメンションの定義
  4.1.3 各プレイヤータイプ別のビジネス戦略(競争力側面)
  4.1.4 メソドロジー
 4.2 ビジネスモデル分析
 4.2.1 バリューチェーン分析
 4.2.2 サービスタイプとコントロールポイント
 4.2.3 コントロールポイントコンステレーションの例
 4.2.4 サービスタイプのビジネスモデル
 4.2.5 ビジネス戦略におけるオプション及び競争力分析
(プレイヤータイプ別)
 4.2.6 サービス及びハードウェアモデル

5. 今後のVoIP市場動向
 5.1 序論
 5.2 不明な市場状況
 5.3 今後の動向
  5.3.1 結論

6. 総論

7. レファレンス

8. 用語集


■■ 図目次 ■■

(※レポートは全文、英文となっております)

<図1> VoIP電話:電話機からPCへ/PCから電話機へ
<図2> VoIPサービスの機能的バリューチェーン
<図3> VoIPサービスのバリューチェーン
<図4> 企業向けVoIP
<図5> VoIPにおけるキャリアバックボーン
<図6> ファシリティベースのVoIP (Dependent on BB Access Provider)
<図7> アクセスプロバイダーのBB Independent
<図8> Peer to Peer
<図9> VoDSL装備
<図10> BT コミュニケータ と Yahoo メッセンジャー
<図10> Teleo (beta) とSkypeのイメージ比較
<図11> Google Talk
<図13> VoIPサービスポイントの例
<図14> FastWeb とSkypeのコントロールポイント


■■ 表目次 ■■

(※レポートは全文、英文となっております)

<表1> サービス提供及びビジネスモデル・ディメンションの要約
<表2> 機能面でのバリューアクティビティ
<表3> VoIPサービスの5つのタイプ
<表4> ネットワーク設備メーカー
<表5> コントロールポイントのサービス提供
<表6> ビジネスモデル
<表7> プレイヤータイプ及びビジネス戦略
<表8> SWOT分析


■■ 商品概要 ■■

【詳細】
「Strategic Market Analysis Voice over IP services in Europe 」

発 刊 日:2005年9月
判   型:A4カラーコピー印刷・102頁
発   行:株式会社ROA Group
調査・制作:株式会社ROA Group
販   売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
価   格:■CD-ROM(PDF)版:99,750円
       (税抜 95,000円+消費税 4,750円)別途送料 500円
      ■CD-ROM(PDF)+PDFのハードコピー版:102,900円
       (税抜 98,000円+消費税 4,900円)別途送料 500円

【詳細URL】 リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらよりお申し
込みいただく形となります。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
       info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419

担当:坂口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。