お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

中国IPTV産業のバリューチェーン、規制環境、市場潜在性

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
8月出版予定です。

2005年4月、中国政府は最初の端末およびTVに対するIPTVライセンスをShanghai Media Groupに発行した。これによってIPTVがテレビ放送が事業として認知される道のりが正式に始まったといえる。しかし、規制、帯域幅の不足、不明確なビジネスモデル、独占システム、一定の規格やプロトコルの不在を含む多くの問題を抱えているIPTVの未来は依然として不明瞭だ。
ABIリサーチの調査レポート「中国IPTV産業のバリューチェーン、規制環境、市場潜在性」は、IPTVをIPTV-to-PCとIPTV-to-TVに区分し、それぞれの現状と今後の展望を論考している。また、主要プレイヤーであるHuaweiの業績を分析している。


◆調査レポート
中国IPTV産業のバリューチェーン、規制環境、市場潜在性
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。