logo

DSLとファイバの世界市場分析

DSLとファイバサービスのためのDSLAM、BLC、MSAN、OLT

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
8月出版予定です。

世界の通信機器市場は、世界のブロードバンドサービスの急成長、通信経由のTV市場の発達、アクセスネットワークのアップグレードと拡大が原動力になって伸びるだろう。通信経由のTVなどのより高度な帯域幅サービスを提供するために、通信サービスプロバイダは高度な高速DSLとファイバによる、進化したラストマイルネットワークを導入している。FCCの、ディープファイバは競合するアンバンドリングには該当しないという決定を含む最近の判決は、RBOCのファイバをネットワークに深部に埋め込み、FTTHやFTTCをADSL2+やVDSL技術に総合して消費者に提供することを後押ししている。
ABIリサーチの調査レポート「DSLとファイバの世界市場分析:DSLとファイバサービスのためのDSLAM、BLC、MSAN、OLT」は、DSLとファイバ加入者の増加、DSLポートの成長、OLTの導入に関する地域別予測を提供している。DSLとファイバを細かいカテゴリに分類し、ブロードバンド接続のさまざまなアーキテクチャを可能するために利用されているDSLAMやBLCなどの機器システムを分析している。


◆調査レポート
DSLとファイバの世界市場分析:DSLとファイバサービスのためのDSLAM、BLC、MSAN、OLT
Worldwide DSL and Fiber Market Assessment
DSLAMs, BLCs, MSANs and OLTs for DSL and Fiber Services
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。