お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

セルラー向けMachine-to-Machine (M2M) 通信市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
7月出版予定です。

知能センサは多くの市場で普及しており、モバイル通信においてもまた例外ではない。Edge-of-Network (EoN)インテリジェンスとピアベースの通信は、セルラー向けMachine-to-Machine通信(M2M)の中核を成している。企業はこれまで無線電信と物を結び付けてきた。セルラー向けM2Mはアプリケーションデザイン、セキュリティ、操作方法、ネットワークプロセスをひとつにまとめ、これらの情報をさまざまな方法で活用する。
ABIリサーチの調査レポート「セルラー向けMachine-to-Machine (M2M) 通信市場」は、通信ネットワークと技術がいかにソフトウェアとシステム統合と交わり、世界で新しいビジネスを形成しているかを分析している。マシンベースの無線データ通信は、事実上あらゆるものを携帯電話で送受信可能なネットワークオブジェクトに変える。

◆調査レポート
セルラー向けMachine-to-Machine (M2M) 通信市場:モジュール、機器、サービスプロバイダの世界市場
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。