logo

位置情報サービス市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
7月出版予定です。

位置情報サービス (LBS)は、当初市場で商品化がうまくいかず、誇大広告と誤解された技術である。公表されてから数年後、位置情報技術はアジアのセントリックサービス、欧州のナビゲーションサービス、法制化によって復活しはじめた。さらに北米のE911に代表される救急サービスに、また欧州のE112によってもも後押しされ、この無線キャリアに懐疑的に見られていた技術の導入は促進された。
ABIリサーチの調査レポート「セルラー向けMachine-to-Machine (M2M) 通信市場」は、端末ベースのLBSを詳細に考察して、位置技術、オペレータの開発戦略、端末の進化に焦点を当てている。また加入者、サービス収益、デバイスの出荷台数の予測データを提供し、オペレータの開発スケジュールと技術の支出を考察している。2010年までの予測データは、地域、デバイスのカテゴリ、サービス別に記載され、LBSバリューチェーンの企業プロファイルを提供している。

◆調査レポート
位置情報サービス市場:オペレータの戦略、収益機会、加入者、携帯端末向けサービスの機器とアプリケーション
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事