logo

大きく転換するWi-Fi搭載市場

2003年、Wi-Fi Mini PCIカードはWi-Fiアダプタ出荷量の49.1%を占め、大半のノートブック型パソコンやタブレットPCなどのWi-Fi型モバイルPCに対応している。それに対しPCカードは2002年の市場シェアは58.3%であったが、2003年に急速に38.8%の市場シェアを失ったと、インスタット/MDR社では報告している。

現在、大きな注目を集めている無線LAN(WLAN)/Wi-Fi技術市場は、根本的に変化しているとインスタット/MDR社は報告している。2003年、埋め込みMini PCIカードアダプタが、取り外し可能なWi-Fi PCカードアダプタに代わって、最も人気のあるWi-Fiアダプタとなった。

「2003年、Wi-Fi Mini PCIカードはWi-Fiアダプタ出荷量の49.1%を占め、大半のノートブック型パソコンやタブレットPCなどのWi-Fi型モバイルPCに対応している」と、インスタット/MDR社のアナリストを務めるNorm Bogen氏は言う。「それに対しPCカードは2002年の市場シェアは58.3%であったが、2003年に急速に38.8%の市場シェアを失った。」インスタット/MDR社は、Wi-Fi Mini PCI カードは今後5年間、引き続きWi-Fiアダプタ市場全体のシェアを伸ばすと予測している。

インスタット/MDR社の調査結果を以下に挙げる。
- モバイルPC、PDA、電話などへの一般消費者向けWi-Fi搭載市場は年平均成長率で66.2%成長し、2008年の出荷台数は2億2600万台となる。
- 鳴り物入りの市場参入から5年間順調に成長した世界のWi-Fiハードウェア(ネットワークインフラとアダプタ)市場規模は、2003年の第4四半期についに10億ドルを超えた。
- Wi-Fiに対応したノートブック型PCは大きく成長し、2003年に出荷された3210万台のノートブック型PCの55%がWi-Fiアダプタを搭載していた。

インスタット/MDR社の調査レポート「Wi-Fi Inside:Wi-Fi搭載のパラダイム」には、2003年から2008年までの世界のWi-Fi市場の分析と予測、主要ベンダの製品と戦略に関する分析を掲載している。


◆調査レポート
Wi-Fi Inside:Wi-Fi搭載のパラダイム
リンク

◆インスタット/MDR社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事