logo

アジアでDSLと専用回線に対抗するイサネットサービス

アジアの企業向けアクセス市場では、イサネットがDSLと専用線サービスを上回り、この動向を受け、イサネット上のマルチプロトコル・ラベル・スイッチングが普及すると米国プローブグループ社では予測している。

アジアの企業向けアクセス市場では、イサネットがDSLと専用線サービスを上回ると予測されている。この動向を受け、イサネット上のマルチプロトコル・ラベル・スイッチングが普及する。プローブグループ社の調査レポート、「アジア・太平洋地域の企業向けデータサービス」では企業向けデータ市場の現状と、アジアの同市場の進行状況を考察している。

この調査レポートは、アジアの企業向けデータ市場について分析し、日本、中国、オーストラリア、シンガポール、韓国のプロファイルを掲載している。このレポートは、プローブグループ社が提供する「Enterprise Data Services and Markets」シリーズの一環で、企業向けデータサービスの世界市場の現状について分析している。


◆調査レポート
「アジア・太平洋地域の企業向けデータサービス」
リンク

◆プローブグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せは下記までお願い致します。
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事