logo

IP VPNとイサネットサービスの成長で変わるヨーロッパのWANサービス市場

MPLSとIPsecをベースにしたIP VPNサービスは、フレームリレーやATMなどの既存の技術に代わって、ヨーロッパのWANサービス市場に浸透しており、イサネットベースのWANサービスは、基盤は小さいがさらに急速に成長していると、プローブグループ社の調査レポートでは報告している。

プローブグループ社の調査レポートによれば、MPLSとIPsecをベースにしたIP VPNサービスは、フレームリレーやATMなどの既存の技術に代わって、ヨーロッパのWANサービス市場に浸透している。イサネットベースのWANサービスは、基盤は小さいがさらに急速に成長している。

プローブグループ社の調査レポート、「欧州の企業向けWANサービス」は、フレームリレー、ATM、IP VPN、WANサービスをベースにした2008年までのイサネットによるサービス収益を予測している。このレポートは、プローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス「Enterprise Data Services and Market」シリーズの一環で、世界の企業向けデータサービス市場に関する現状分析を提供する。


◆調査レポート「欧州の企業向けWANサービス」
リンク

◆プローブグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せは下記までお願い致します。
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事