お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アッカ・ネットワークス、 モバイルWiMAXの実証実験を拡大し、横浜市中心部でも実施

~ 2006年12月の実験開始に向けて実験用無線局免許を申請 ~

株式会社アッカ・ネットワークス(以下 アッカ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂田好男、リンク)は新規ワイヤレスブロードバンド方式の候補のひとつであるIEEE802.16e(通称モバイルWiMAX(*1)、以下WiMAX)の横浜市中心部での実証実験のための実験用無線局免許を、2006年10月23日総務省に申請しました。

アッカは2006年6月より横須賀リサーチパークにてWiMAXの実証実験を展開し、山林を含んだ郊外地域における基本特性検証などのデータを収集し、その実証実験結果を総務省に対して提出いたしました。この度横浜市中心部での実験用無線局免許を取得することにより、多くの事業者が都市部のみで実験を実施する中、ルーラルエリア(郊外地域)とアーバンエリア(都市部)両方での実証実験を行う国内初の事業者となり、ルーラルエリアとアーバンエリアでの実験を通じて両エリアの特性を把握することで新規参入事業者として広域でのサービス展開を行う上でのセル設計・設備投資に関する基礎データ収集を完了いたします。

横浜市中心部では2006年12月より実験を開始し、都市部での周辺電界強度特性や伝播スループット測定などの基本特性実験のほか、無線区間とIPコアネットワークにおける統合されたQoS(*2)を実装し実験を行うことでネットワーク・リソースを効率的に活用したサービスの開発を目指します。また、実験ネットワークにはNGN(*3)のキーコンポーネントであるIMS(*4)を導入することで、既存サービス(ADSL/FTTH)とWiMAX上でのサービスの統合を見据えた実験を行ってまいります。ネットワーク層ではIPネットワークによるネットワーク・リソースの効率化、アプリケーション層ではNGNアーキテクチャによるサービスの効率化を追求するとともに、アッカが目指すWiMAXによるオープン・プラットフォームを実践するための実験を行う方針です。

アッカはこれらの実験を通じ、当該技術の特性を様々な角度から検証し見識を深め、引き続き、現在総務省にて検討が進められている次世代無線アクセス技術における2.5GHz帯の有力候補であるWiMAXでの周波数獲得を目指し、技術検証ならびに事業計画の検討をすすめてまいります。特に、ルーラルエリアとアーバンエリアの両エリアでの基本特性実験およびアプリケーション検証を元に、各エリアの特長・特性に合ったビジネスモデルを構築し、WiMAXが本来持つオープン性を最大限に発揮し、ユーザニーズや地域などの様々なデバイドの解消が可能な環境構築を目指します。

アッカは今後もコミュニケーションサービスカンパニーとして、市場におこる新たな波を的確にとらえ、WiMAX技術を活用することにより、さらにユーザニーズに即したブロードバンドサービスの提供を積極的に推進するとともに、顧客満足度の向上を目指します。


【アーバンエリア(横浜市中心部)での実験概要】

■目的
 都市部での基本特性およびモビリティ特性の検証

■実施内容
(1)都市利用を想定した基本特性確認
 ・周辺電界強度特性
 ・伝播スループット測定
 ・カバレッジ、モビリティ特性(ハンドオーバー)等
 ・AAS(*5)技術による周波数利用効率の向上と干渉回避の検証

(2)アプリケーション検証試験
 ・QoSを活用したネットワーク上でのアプリケーション検証試験
 (VoIP,マルチメディア・ストリーミング、メッセージング・サービス等)
 ・IMSによるサービスインターフェースの統合

■基地局数
 8局

■周波数帯
 2.5GHz帯

■実験期間
 2006年12月~

(実験エリア図など実験概要の詳細については、リンクを参照ください。)


【本件に関するお問合せ】

■一般の方のお問合せ先
株式会社アッカ・ネットワークス
インフォメーションセンタ
TEL:0120-2044-39
(9:00~18:00土・日・祝日除く)
Eメール:info@acca.ne.jp

用語解説

*1 モバイルWiMAX
モバイルWiMAXは、次世代高速無線通信アクセスとして期待されている技術であり、IEEE802.16eとして規格化されています。既存の無線技術である3Gや3.5Gに比べてコスト優位性が高く、現在、総務省が検討している次世代無線アクセス技術において2.5GHz帯の周波数割当ての有力な候補となっています。

*2 QoS
Quality of Serviceの略であり、通信のための帯域幅を確保し、一定の通信速度を保証する技術のこと。通信データにマーキングを行い、サービス毎の優先制御を実施することで効率的なネットワーク・リソースの活用を実現します。

*3 NGN
Next Generation Networkの略であり、インターネットプロトコル(IP)をベースとしたネットワーク基盤のこと。電話網の次を担うネットワークとして検討が進められています。

*4 IMSアプリケーション
伝送媒体・システムに依存していたアプリケーション毎のインターフェースを伝送媒体・システムから分離し、統合的に取り扱うためのシステムです。

*5 AAS
アンテナアレイと信号処理装置の組み合わせにより、電波環境に応じてその特性を変えるインテリジェントなアンテナシステムで、広帯域移動通信を可能にするキーテクノロジーのひとつです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。