logo

 類似情報検索エンジンQuickSolutionを東京大学に納入 ~工学部のシラバス(講義要目)検索ツールMIMA Searchの検索エンジンとして採用~

 住友電工情報システム株式会社は、類似情報検索エンジンQuickSolutionを東京大学工学部に納入しました。東京大学工学部では、このたび運用を開始するシラバス(講義要目)検索システムにおいて、シラバスを構造化・可視化するツール「MIMA Search」の検索エンジンとしてQuickSolutionを使用します。

 QuickSolutionは、大容量データに対しても高速検索を行うことが可能な類似情報検索*1エンジンです。本製品は、質問文に対する検索結果のテキスト情報から、文字列の出現頻度や集中度などをもとにキーワードや関連語を自動的に抽出する機能も備えており、2001年4月の販売開始以来、企業や各種団体の膨大なドキュメントを対象とした検索システム、インターネット上の販売・情報提供サイト内の膨大なコンテンツの検索システムなどに多数組み込まれ、活用されています。
 東京大学工学部のシラバス検索システムにおけるMIMA Searchによるシラバスの構造化・可視化では、膨大な講義内容をもとにテキストを自動抽出してデータベース化し、そのデータベースから用語の類似度を計算しながら高速に検索することが求められます。今回のQuickSolutionのMIMA Search 検索エンジンとしての採用は、QuickSolutionが持つ高度な類似検索機能と性能が高く評価されたものです。

 今回運用が始まるシラバス検索システムにより、膨大な講義の中から学生自らが履修プログラムを簡単に組み立てることができるようになります。またこのシステムは東京大学から広く公開される講義情報であるオープンコースウェア(OCW)にも適用されており、既にインターネット上で公開されています。
 当社では、今後もMIMA Searchを中心とした東大の「知の構造化」プロジェクトに、類似情報検索エンジンQuickSolutionの適用を推進していきます。また、自然文による類似検索や高速大容量検索というQuickSolutionの特長を活かし様々な分野に適用を拡大させていきます。
                             
                                    以 上

<QuickSolutionについて>
 インターネット上のウェブサイトにおける検索機能では、一般的に利用者が関心のあるコンテンツに含まれると予想されるキーワード(単語)を類推して検索条件として入力することが求められますが、QuickSolutionを利用すれば、利用者の「知りたいこと」や「望む情報」を思うままに自然文で入力して、求める情報に似ているものを検索することが可能になります。QuickSolutionは、日本語の言語体系に依存せず独自性の高いアルゴリズムを採用し、以下の特長を有します。

■自然文で入力された質問文と類似するドキュメントを検索できます。
■辞書を必要としないため、専門用語、固有名詞(製品名や型番)などの特殊語や、新語、口語的表現を含む検索にも即対応できます。
■英語、中国語などの他言語や、それらが混在している多様なドキュメントにも対応できます。
尚、QuickSolutionは、既に総合旅行予約サイト「楽天トラベル」の"わがまま検索"(リンク )等で導入・公開されています。

<QuickSolutionのWebサイト> 
リンク

・「QuickSolution」は住友電工の登録商標です。
・「楽天トラベル」は楽天株式会社の登録商標です。

<住友電工情報システム株式会社の概要>
(1)設立:1998年10月1日 
(2)資本金:2億円      
(3)出資比率:住友電工100%
(4)従業員数:250名
(5)代表者:代表取締役社長 岩佐 洋司
(6)本社所在地:大阪市淀川区西宮原2-1-3(SORA新大阪21ビル)
(7)事業内容:各種業務用ソフトウェアの開発・販売・保守
        パッケージ・ソフトの開発・販売・保守
        コンピュータオペレーション業務の委託 他

<製品に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社 システム営業部
TEL: 03-3423-5264  Email: qs-visitor@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社   リンク
マーケティング室  
TEL:06-6394-6754  FAX:06-6394-6704  Email:mkt-ml@ml.sei.co.jp 

用語解説

*1 類似情報検索:自然文で入力された質問文と類似するドキュメントを検索する技術

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事