お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

知的財産評価から、技術ベンチャーを支援!証券会社、VCとの提携も積極的に推進! プレジデンツ・データ・バンク提供【アライアンスプロデューサーが綴る企業レポートvol.43】

2006年4月にサンフランシスコで開催された『特許オークション併設展示会場』で発表したオリジナル評価手法「YKvaluation」「PQvaluation」を活用。

アライアンスプロデューサーが綴る企業レポートとは】
設立から4年、700社以上のベンチャー企業に、累計2000件以上のアライアンスコーディネートを行っている、プレジデンツ・データ・バンク(本社:東京都中央区、代表:高橋礎、http://www.p-db.com/))のアライアンスプロデューサーがお届けする注目のベンチャー企業レポート。新商品、新サービスの詳細や、提携募集、業績報告などを会社ごとに紹介しています。

【アライアンスプロデューサーが綴る企業レポート vol.43】

知的財産権に関する評価業務・ライセンス業務に長年の経験を誇る工藤一郎国際特許事務所(本社:東京都千代田区、所長:工藤一郎)は、技術・開発系ベンチャー企業のベンチャー支援を更に注力。証券会社やベンチャーキャピタルとのアライアンス戦略を進める。


同事務所は、現所長の工藤一郎氏が2000年に開所。現在は、所員23名。弁理士7名。非常勤弁護士・弁理士1名。米国弁護士1名が所属する知財コンサルティングファーム。特許出願はもちろんのこと知財教育、出願戦略から係争裁判、ライセンス交渉まで企業のあらゆるニーズに柔軟に対応する。大企業の知的財産価値評価の実績も多数あり、業界技術分析から知的財産を梃子としたM&Aまで独自ノウハウを有する。


既に2005年11月には、志賀国際特許事務所(住所:東京都中央区、所長:志賀正武氏)と共に、知的財産経営コンサルティング 、特許等知的財産価値評価、その他知的財産権に関する(提携特許事務所を通じてのライセンス交渉支援、技術契約支援や国内外の特許取得支援、侵害等リスク対応支援)分野で、みずほフィナンシャルグループのシンクタンクであり、企業間および企業・大学間の技術移転ならびに技術交流を支援する『i・Trans(アイ・トランス)サービス』を展開するみずほ総合研究所と包括業務提携している。

独自の知的財産鑑定法「YKvaluation」「PQvaluation」を開発し、知財権の切り口からバランスシートや損益計算書などに現れない企業の価値を算定するのが強み。今後は、財務力はまだ弱いが技術力に強みのある会社の経営を、知的財産評価の視点から支援してく。それに伴い、大学初ベンチャーなど、上記のような企業との接点を多く持つ証券会社、ベンチャーキャピタルとのアライアンス戦略をより一層進める。



【工藤一郎国際特許事務所について】
開所:2000年
所員:23名
本社:東京都千代田区有楽町1丁目7番1号 有楽町電気ビル南館9F
所長:工藤一郎(弁理士)
URL:リンク
著書:これで使える!ビジネスモデル特許「実践編」 (アスキー出版)
   2002年度総合通信教育ガイド(ビジネスモデル特許入門)(日本技能教育開発センター)
   知的財産ホットトピック(月刊メール配信) (みずほ総合研究所)
   Management Flash (2004年2月6日、27日号) (みずほ総合研究所)
   ビジネスモデル特許出願3つのポイント(フォーレ2003年6月号)(みずほ総合研究所)


【プレジデンツ・データ・バンク株式会社ついて】
設立:2002年4月4日
本社:東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル10F
代表者:代表取締役 高橋 礎
資本金:1392万円
事業内容:
ネットワークインキューベート事業全般
・ ベンチャー企業向けポータルサイトの運営
・ 企業間アライアンス・マッチング
・ ニュースリリースの配信・PR・IR代行
・ M&Aアドバイザリー ・ 資本提携のコーディネイト
・ シンポジウム、セミナー、講演会等の企画運営
・ 未公開ベンチャーへの投資事業
URL: リンク





【本件に関するお問い合わせ先】
プレジデンツ・データ・バンク株式会社
〒104-0031東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル10F
担当:槙野     
TEL:03-5255-3345 FAX:03-5255-3346         
Email:info@p-db.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。