logo

Wi-Fi(R) が、米国で最も愛用される英英辞典に登録

~最新のMERRIAM-WEBSTER COLLEGIATE(R) DICTIONARY 第11版~

2005年10月27日、米国テキサス州オースチン発
Wi-Fi アライアンス(本部:米国テキサス州、会長:Bill Carney、URL:
リンク)は、本日、Merriam-Websterが出版する米国でベストセラーの英英辞典の最新版「2005年Merriam-Webster’s Collegiate(R) Dictionary 第11版」に、Wi-Fi(R) の定義が登録されたことを発表しました。

Wi-Fiへのアクセスは、今や空港、カフェ、学校や教育施設、オフィスや家庭内など至るところで可能になりましたが、日常生活に定着した言葉として、辞書の中にも登場しました。

Merriam-Websterでは、Wi-Fiを、「Wi-Fi(認証マーク)は、無線対応コンピューター・ネットワーク機器の相互接続性を認証する際に用いられる」と定義しています。

Wi-Fiは、Merriam-Webster発行のベストセラー辞書「Collegiate Dictionary 第11版」に、新たに登録される約100の新語の1つに加わりました。

Wi-Fiという言葉が市場に登場してわずか数年で、長年権威をもつMerriam-Websterの辞書に登録されたことは、Wi-Fi技術が急速に業界標準となっていることを表しています。

                                 以上


Wi-Fi アライアンスについて
Wi-Fi アライアンスはWLAN(無線LAN)の推進を目的とするグローバルな非営利業界団体で、現在世界200社以上の企業が参加しています。Wi-Fiアライアンスの各種テストおよび認定プログラムは、モバイル ワイヤレスデバイスのユーザー環境の品質強化を目的に、IEEE 802.11に基づいたWLANの相互接続性を確保します。2000年3月に初めてWi-Fi アライアンス認定プログラム導入して以来、すでに2,200種類以上の製品がWi-Fi CERTIFIED(TM) の認定を受け、消費者市場および企業向け市場の両方を通じ、Wi-Fi製品の普及に大きく貢献しています。その他の情報は、リンク をご覧ください。

Merriam-Websterについて
Merriam-Websterは、言葉に関する調査・研究において、アメリカでもっとも活用、参照される出版社です。Merriam-Websterは、多種多様な印刷物やデジタルコンテンツを出版し、米国で卓上辞書のベストセラーである「Merriam-Webster's Collegiate(R) Dictionary 第11版」や、「Third New International Dictionary, Unabridged」を発行しています。

Wi-Fi(R)、Wi-Fi Alliance(R)、Wi-Fiロゴ、Wi-Fi ZONEロゴはWi-Fi Allianceの登録商標です。Wi-Fi CERTIFIED(TM)、WMM(TM)、WPA(TM)、WPA2(TM)、Wi-Fi ZONE(TM)、Wi-Fi CERTIFIEDロゴ、Wi-Fi AllianceロゴはWi-Fi Allianceの商標です。


<本発表に関する報道関係のお問い合わせ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
Wi-Fiアライアンス担当 市野、潮
Phone: 03-6403-5206 / 5204
E-mail: go.ichino@edelman.com, takako.ushio@edelman.com

関連情報
http://www.wi-fi.org
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事