logo

新しい輸送市場のRFID

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
10月出版予定です。

運送やロジスティクスの業界で、新たにRFIDの試験的利用や導入を開始する企業が増えている。RFIDは、多種多様なアプリケーションに使用されるようになっており、また同じ市場においてもアプリケーションはさまざまである。
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「新しい輸送市場におけるRFID:旅客手荷物、国際宅配便、郵便での利用」 は、輸送とロジスティクス業界の大きな3つの分野、航空および空港、郵便、国際宅配便で使用されているRFIDに焦点を当てている。これらの業界において、現在関心が高まっているアプリケーションと、それ程重要視されていないアプリケーションがある。
この調査レポートが調査した全ての輸送およびロジスティクス市場に共通する最重要課題が、共通の規格の開発である。これらの市場は互いに連携しているため、互換性のあるインフラが必要であり、それによってこれらの市場はひとつに結びつけられる。この調査レポートでは、荷物管理システムである旅客手荷物のタグ付けについて、特に詳しく調査している。また資産管理、あらゆる種類の小包のタグ付け、手紙、その他のアプリケーションなどの小包と郵便分野のアプリケーションも調査している。


◆調査レポート
新しい輸送市場のRFID:旅客手荷物、国際宅配便、郵便での利用
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事