お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

批判にもかかわらず公衆無線ブロードバンドシステムは成長

米国の調査会社インスタット社による予測結果によると、世界の地方自治体による公衆無線ブロードバンドによるインターネット接続サービス市場は今後数年間急速に成長し、特に米国で大きな成長を見せるという。また同社では2006年末までに世界市場では248が採用され、2010年末までには1500を超えるという予測も発表している。

世界の地方自治体による公衆無線ブロードバンドによるインターネット接続サービス市場は今後数年間急速に成長し、特に米国の成長は大きいだろうと米国の調査会社インスタット社は報告している。インスタット社は2006年末までに世界市場では248が採用され、2010年末までには1500を超えると予測している。

「ほとんどのネットワークは、地方自治体が完全に所有や経営をしているわけではない。地域自治体が補助して導入をすすめ、民間のプロバイダが所有したり経営していたりする場合が多い」と、インスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は言う。

インスタット社は下記についても調査した。

■ 米国は、現在も今後も、最大の地方自治体による公衆無線接続市場であるだろう
■ 地方自治体による公衆無線ブロードバンドではメッシュ技術が重要でだが、唯一の無線技術というわけではない
■ 自治体とサービスプロバイダが成功するためには、ネットワーク技術ではなく、まずビジネスモデルに注力する必要がある

インスタット社の調査レポート「地方自治体による公衆無線ブロードバンドサービス市場調査:最新の法規制と導入事例 - Public Muni-Wireless: The Broadband Alternative Takes Hold」は、世界の自治体による無線ブロードバンド接続ネットワーク市場を調査した。2010年までの採用と投資を予測し、ビジネスモデル、市場の牽引要因、課題、ベンダのプロフィール、採用のケーススタディについても記述している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
地方自治体による公衆無線ブロードバンドサービス市場調査:最新の法規制と導入事例
Public Muni-Wireless: The Broadband Alternative Takes Hold
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。