お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アジア太平洋地域がリードするメトロイーサネットサービス市場

日本や韓国では、主に中小規模の企業においてオフィス間の通信と高速インターネットアクセスにメトロイーサネットサービスがコスト削減のために利用されている。米国の調査会社インスタット社では、アジア太平洋地域の企業のメトロイーサネットサービスの加入者数が2010年までには264万8000にまで成長すると予測している。

日本と韓国では主要な企業へのメトロイーサネットサービスの導入が進んでおり、アジア太平洋地域(APAC)は世界市場をリードしていると米国調査会社インスタット社の調査レポートは報告している。2005年、アジア太平洋市場のメトロイーサネットサービスのビジネスユーザは63万2000人であった。その大部分は日本と韓国で、主に中小規模の企業におけるオフィス間の通信と高速インターネットアクセスにメトロイーサネットサービスを利用して、コストを削減するために利用されている。インスタット社は、アジア太平洋地域の企業のメトロイーサネットサービスの加入者数は、2010年までには264万8000にまで成長すると予測している。

「メトロイーサネットが企業ユーザに提供する帯域幅の柔軟性が顧客に大いに歓迎されるということが理解できれば、サービスプロバイダには今後5年間に基本的なメトロイーサネット接続に関連する多くのビジネスチャンスがあるだろう」と、インスタット社のアナリストVictor Liu Zhoujiao氏は言う。

インスタット社は下記についても調査した。

■ メトロイーサネットサービスを顧客に理解させて加入を促すために、サービスプロバイダにとってはマーケティングと顧客教育が重要になる
■ 幅広い付加価値サービスによって、オペレータは持続的な収益を得ることができる
■ 国際的には、主要な地域/国際的な帯域幅プロバイダが従来のフレームリレーをメトロイーサネットに置き換えることによって、市場は促進されるだろう

インスタット社の調査レポート「アジアのメトロイーサネットサービス市場:2010年までの収益と加入者予測 - In-Depth Analysis: Metro Ethernet Services in Asia」は、アジアのメトロイーサネットサービス市場を調査している。2010年までのメトロイーサネットサービスの地域的収益予測、加入者予測を行い、中国、日本、香港、韓国の各市場別に提供している。主要なプロバイダの戦略と顧客の理解度についても調査している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アジアのメトロイーサネットサービス市場:2010年までの収益と加入者予測
In-Depth Analysis: Metro Ethernet Services in Asia
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。