logo

大きく変貌するリアルタイム放送向けMPEGエンコーダ市場

米国の調査会社インスタット社では、リアルタイム放送向けMPEGエンコーダからH.264への移行は、現在主に衛星および通信会社のTV配信プラットフォームにおいて進んでいるが、今後MPEGエンコーダ市場の全セグメントに拡大すると予測している。

リアルタイム放送向けMPEGエンコーダからH.264 (MPEG-4 AVC Part 10)への移行は、現在主に衛星および通信会社のTV配信プラットフォームにおいて進んでいるが、今後MPEGエンコーダ市場の全セグメントに拡大するだろうと米国の調査会社インスタット社は報告している。またマルチスクリーン向けにコンテンツを再利用する目的で、エンコーダの出荷数が増加している。たとえばMPEG-2 に配信されたコンテンツは暗号化され、モバイルビデオシステムでH.264に再び暗号化される。

「いくつかの市場領域を大きく押し上げているのが同時放送というやり方である」とインスタット社のアナリストMichelle Abraham氏は言う。「たとえば、北米のケーブルオペレータはすべてのアナログ番組をデジタル同時放送に移行しており、その結果何千ものエンコーダを必要としている。2006年から2009年の間に、エンコーダの出荷台数は米国の放送支援サービス(Broadcast Auxiliary Service)と呼ばれるリロケーションプロジェクトによって大きく伸びるだろう。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

■ 2005年に4億9600万ドルだった世界のMPEGビデオエンコーダの収益は、2010年に5億5500万ドルに達するだろう
■ 現在、欧州でHD放送が導入されており、HD H.264エンコーダの出荷台数が増加する
■ H.264製品はベンダがMPEG-2で得た知識を生かせるため、MPEG-2より急速に発展している


インスタット社の調査レポート「放送用MPEG-4リアルタイムエンコーダ市場予測:圧縮技術(HD MPEG-2、SD MPEG-2、HD H.264、SD H.264)別/地域別の出荷台数、ASP、収益 - Real-Time Broadcast MPEG Encoders: Got H.264?」は、リアルタイム放送向けMPEGエンコーダの世界市場について記載している。世界の出荷台数、ASP、収益の5年間予測を地域別およびHD MPEG-2、SD MPEG-2、HD H.264、SD H.264などの圧縮技術別に提供している。圧縮技術は、リアルタイム放送向けMPEGエンコーダ市場の無料配信、配信、再配信のセグメントに及んでいる。再配布のセグメントはケーブル、衛星、モバイル、通信、地上波に細分されている。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
放送用MPEG-4リアルタイムエンコーダ市場予測:圧縮技術(HD MPEG-2、SD MPEG-2、HD H.264、SD H.264)別/地域別の出荷台数、ASP、収益
Real-Time Broadcast MPEG Encoders: Got H.264?
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事