logo

激しさを増すアンバンドリング

フランスの調査会社イダテ社は、インターネット接続サービスを提供するオペレータの利用が増え、VoIPの増加を推し進めていると報告している。

2006年9月12日
フランスイダテ社の調査レポート「欧州のアンバンドリング:市場動向、戦略、インパクト」は、西欧のアンバンドリングを調査している。16ヶ国のアンバンドリングの現状と、ネットワークのサードパーティへの開放における障害と促進要因に注目している。直面する課題を分析し、企業の戦略と2010年までの市場予測を提供している。

アンバンドリングはゆるやかにスタートしたものの、2004年半ば以降は急速に進んでいる。西欧全体における「アンバンドル」回線数は、2004年上半期の80万から6ヵ月後には200万以上に増加し、2005年には900万を超えた。(少数は音声のみに利用されている。)PSTNベースの「アンバンドル」回線数の割合が2003年末の1%から2005年末の6%に上昇したことをみれば、この大きな成長を理解できる。

・2005年末の西欧のアンバンドリング回線数900万超の、2/3はフランスとドイツである。DSLの18%は「アンバンドル」回線である。
・インターネット接続サービスを提供するオペレータの利用が増え、VoIPの増加を推し進めている
・国によって成長は異なる
・2010年までに2300万の「アンバンドル」回線数を予測している。(DSLの27%)



◆調査レポート
欧州のアンバンドリング:市場動向、戦略、インパクト
リンク

◆仏イダテ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。