お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

『NGNの動向と関連新市場における主要プレイヤーの戦略に関する調査』予約受付

■調査ポイント
・NGNの世界動向と日本の状況を調査するとともに、NGNが日本のネットワークインフラやプラットフォーム、通信サービス市場をどう変革させていくかを分析する。
・NGNに対する主要通信キャリアや通信機器ベンダーの取り組み動向と課題を捉え、その対応を・インフラ・プラットフォーム・アプリケーションの観点から調査分析する。
・NGN関連通信機器市場及びキャリアのNGN関連投資動向を調査分析する。


■調査背景と目的
 IP技術・光通信技術・無線技術の急速な進展によりサービスネットワークのブロードバンド化とユビキタスネットワーク技術の開発が進んでいる。このような中で、音声トラフィックと各種データ系トラフィックを統合し経済的なネットワークの構築を目指す次世代ネットワーク(NGN)の技術開発ならびに標準化が進展している。

 それに伴い、通信キャリアにおける次世代ネットワーク(NGN)構築や、通信と放送などが融合した新たなサービスの基盤システム構築などが進展しつつあり、NGN時代に向けての新たなビジネスチャンスが創出されようとしている。IT関連企業はこれらの変化に対する対応力の強化が求められる。

 日本のみならず世界各国の通信キャリア・サービス事業者は、FMC(固定通信と移動通信の融合)や映像データのマルチキャスト通信などを可能とするNGN構築を本格化させている。NGNによる安心で安全なネットワークサービスを実現するためには、新サービスを実現するサービス提供基盤(プラットフォーム)の構築と、増大するトラフィックに対応したネットワークインフラ(トランスポート)領域の革新が必要となる。また企業では、次世代のSCMやCRMの実現に向け、NGN(サービス)と自社の情報システム(アプリケーション)を連携させることにより、経営品質の向上や競争力強化、業務改善などに向けて、ICT(情報通信技術)活用を一層強化する方向にある。

 こうした市場動向に対応するため、IT関連各社は自社の経営資源(ノウハウ)を結集し、先端ソリューションの開発を通じて、新たな市場開拓を進めていく必要がある。

 本調査は、NGNの動向、ならびに主要キャリアの取り組みを調査すると共に、NGNにより変化するインフラ市場、プラットフォーム市場、アプリケーション市場に対する主要IT間連企業の戦略動向を調査分析することを目的とする。


■調査対象範囲
<ネットワーク>
次世代ネットワーク(NGN)

<キャリア>
NTTグループ
KDDIグループ
ソフトバンクグループ

<ネットワーク機器ベンダー>
NEC・富士通・日立製作所・沖電気工業
CISCO・ジュニパーネットワークス・ノーテル・エリクソン・
日本ルーセント・日本IBM・日本HP・日本モトローラ 等

<通信機器>
・アクセスネットワーク(LANスイッチ・GE-PON光アクセスシステム・アクセスルータ・AGW)
・メトロネットワーク(ファーストイーサネット多重装置・ギガビットイーサネット多重装置・メトロWDM装置・イーサネット長距離伝送装置)
・エッジネットワーク(WDM・エッジルータ・マルチレイヤスイッチ・メディアGW・MGW)
・コアネットワーク(コアルータ・WDM装置・SDH/SONET多重伝送装置)
・IPインフラストラクチャ(SIPサーバ・その他のサーバ群)


■調査企画内容(予定)
<総括編>
1.NGNの動向
2.IMS(IP Multimedia Subsystem)の概要
3.NGNの構築ステップと実現への課題
4.主要キャリアのNGNへの取り組みと課題
5.NGNで実現するサービスの収益性
6.ネットワーク機器ベンダーのNGNへの対応
7.各種通信機器市場規模推移と予測

<ネットワーク>
1.NGNの動向
1)NGN推進の背景
2)国際標準化動向
3)NGN標準化トレンド
4)NGNで想定されるサービス
(1)FMC
(2)その他(Vo-IP・IP-TV・ビデオカンファレンス等)
2.IMS(IP Multimedia Subsystem)の概要
1)IMSの概要と標準化動向
2)IMSの特徴
3)IMSの課題
3.NGNの構築ステップと実現への課題

<キャリア>
1.主要キャリアのNGNへの取り組みと課題
1)NGNへの取り組み動向と課題
2)NGN構築ロードマップ
3)NGN構築及び活用におけるパートナーシップ
(1)通信インフラ構築
(2)プラットフォーム構築(ミドルウェアの選択)
(3)アプリケーション
2.電話サービスにおけるエミュレーションとシミュレーション
3.NGNで実現するサービスの収益性
1)Vo-IP・IP-TV・FMC・ビデオカンファレンス等
2)サービス別加入者数予測

<ネットワーク機器ベンダー>
1.ネットワーク機器ベンダーのNGNへの対応
1)NGN市場に対する取り組みと戦略
(1)通信インフラ市場
(2)プラットフォーム市場(サービス基盤)
(3)アプリケーション市場
2)NGN向け戦略商品群(ハードウェア・ソフトウェア・サービス)
3)IMSアプリケーション実現への取り組み
4)NGNによる企業通信ネットワークへの影響と取り組み
5)ATCA対応機器と取り組み

<通信機器市場>
1.NGN関連市場動向
1)各種通信機器市場規模推移と予測
2)プラットフォームサーバー郡・ソフトウェア市場
3)アプリケーションサーバ郡・ソフトウェア市場


■レポートの提供形態と価格
体裁:印刷タイプ+PDF
頁数:約150ページ予定
発刊予定日:2006年10月16日
予約価格:189,000(消費税込)
通常価格:210,000円(消費税込)


■レポートの購入申し込み先、お問い合わせ先
株式会社MCA 
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2-3-2日栄ビル
TEL:048-813-7395 /FAX:048-813-7399
URL.リンク  E-mail.info@mca.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。