logo

AOL、Google、Yahoo!、MSN、Appleなどがテレビをインターネットに引き寄せる

オンラインコンテンツアグリゲータによるビデオサービスは実験的な段階にあるが、今後5年間にいくつかの大きな収益の機会が生まれ、オンラインコンテンツサービスの世界市場は、2005年の1300万世帯から2010年までには約1億3100万世帯以上にまで成長し、10倍に拡大すると米国インスタット社では予測している。

オンラインコンテンツアグリゲータによるビデオサービスは実験的な段階にあるが、今後5年間にいくつかの大きな収益の機会があるだろうと米国の調査会社インスタット社は報告している。オンラインコンテンツサービスの世界市場は、2005年の1300万世帯から2010年までには約1億3100万世帯以上にまで成長し、10倍に拡大するだろうと同社は述べている。

「AOL、Google、Yahoo!、MSN、Apple、主要テレビネットワーク、有料テレビサービス、地方テレビ局は皆、彼らのビデオ資産をパーソナル化したテレビサービスに仕立てあげる取り組みを行っている。大手のインターネットポータルが、消費者の視聴動向を把握するようなハイタッチサービスと商用のビデオを統合する方法を模索しており、テレビの未来はゆっくりとオンラインへと向かっている」とインスタット社のアナリストGerry Kaufhold氏は報告する。

インスタット社は、以下についても調査した。

- 世界のブロードバンド加入世帯は、2005年の約1億9400万から2010年には2倍以上の4億1300万以上まで成長するだろう
- 現在、ブロードバンド加入世帯の12.8%はオンラインコンテンツアグリゲータによって商用のビデオコンテンツを視聴している
- 従来のテレビ局が「全パーソナル化」への投資が必要であると最終的に理解しなければ、将来大きな困難が生じるだろう
- 有料テレビサービスは、テレビのパーソナル化が未来の傾向であると認識しており、テレビのインターネットへの拡大傾向への対策に乗り遅れることはないだろう

インスタット社の調査レポート「オンラインコンテンツアグリゲータ、AOL、Google、Yahoo!、MSN、Apple:ようやく見えてきた未来のTV - Online Content Aggregators-AOL, Google, Yahoo!, MSN, Apple?Slowly Defining The Future of Television」は、世界のオンラインビデオサービス市場を調査している。

高速ブロードバンドインターネット接続世帯数の成長を調査し、オンラインコンテンツアグリゲータ経由で定期的に商用ビデオを視聴するブロードバンド加入世帯をパーセンテージで示して市場の普及を予測する。地域毎のデジタル有料テレビの加入世帯数とオンラインのビデオ購入数を比較し、主要なオンラインコンテンツアグリゲータ、放送局、オンラインでビデオを提供している有料テレビサービスのポジショニングを詳述している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オンラインコンテンツアグリゲータ、AOL、Google、Yahoo!、MSN、Apple:ようやく見えてきた未来のTV
Online Content Aggregators-AOL, Google, Yahoo!, MSN, Apple–Slowly Defining The Future of Television
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。