お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

WiMAX向け半導体

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが8月に刊行されました。

まもなく市場を支配する次世代の無線技術はWiMAXである。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「WiMAX向け半導体固定とモバイルWiMAX、RFとネットワークインフラとCPEのベースバンドチップ」は、WiMAX技術を実現する半導体とICの市場を詳しく考察している。802.16-2004 (固定)と802.16-2005(モバイル)無線ブロードバンドの規格を詳細に記載しており、WiMAXはただの誇大広告ではなく、既に世界市場で順調に成長しつつある成功した技術であるという理由を説明している。この調査レポートは、WiMAXの世界の周波数戦略を概説し、ビジネス事例を調査して、オペレータがWiMAXを最も有力な戦略のひとつにするために焦点を当てるべき要因を特定している。
固定およびモバイルWiMAXの導入スケジュールと市場、そして世界の様々な地域における現在のWiMAXの導入状況と試行について記載している。この調査レポートは、複数のWiMAXインフラとCPEを査定して、チップセットのアーキテクチャ、電力消費量、プロセス技術、フォームファクタ統合戦略、ASPの詳細について述べている。固定およびモバイルWiMAX CPEの全BOMとデバイスの卸値を詳細に分析している。また、RFとベースバンドチップセットの出荷台数と収益の予測データを端末装置がBTSかCPEかによって、地域とエンドユーズ市場別に区分している。同分野の戦略、アーキテクチャ、 ベンダの製品について記載して、比較・評価している。


◆調査レポート
WiMAX向け半導体:固定とモバイルWiMAX、RFとネットワークインフラとCPEのベースバンドチップ
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。