logo

フリートマネジメントシステムにおけるセルラーと衛星技術の利用が広がる

米国の調査会社ABIリサーチは、フリートマネジメントは、数台の携帯電話という小規模のものから、大規模の高度な統合型の商用システムまでさまざまなものがあり、それらは今後、GPS、セルラー、衛星技術などを採用するかもしれないと報告している。

ニューヨーク州オイスターベイ、2006年8月3日
フリートマネジメントは、長距離や短距離のトレーラー追跡、インターモーダルのトレーラー追跡、タクシー、レンタカー、公共交通、スクールバスなど、さまざまに利用されている。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「フリートマネジメントシステム(FMS):商用テレマティックスのグローバル市場と予測」は、フリートマネジメントの世界市場を詳細に調査している。フリートマネジメントは、数台の携帯電話という小規模のものから、大規模の高度な統合型の商用システムまで、さまざまなものがある。それらは今後、GPS、セルラー、衛星技術などを採用するかもしれない。

「テレマティックスベンダは市場の将来を知るために、ユーザの必要とするものと市場課題を理解しなければならない。この市場は多岐にわたっており、ソリューションプロバイダは、特定の市場セグメントを理解してシナジー効果を得るためには、彼ら自身の中核的な業務を理解しなければならない。しかし環境は複雑であり、選択は困難で、道筋は見つけにくい」とABIリサーチのアナリストSteven Bae氏は語る。
この調査レポート「フリートマネジメントシステム(FMS):商用テレマティックスのグローバル市場と予測」は、この技術についての高度な見解を提供し、いっそう複雑さを増す商用テレマティックスフリートマネジメントシステムの市場を明らかにしている。

この調査レポートは、商用テレマティックス技術の現在と将来と、それらに関連するアプリケーションを特定し、垂直市場がアプリケーションとビジネスプロセス環境において如何にして利用モデルを構築するかを概観している。例えば、国内のフリートマネジメントにはセルラーを利用したシステムが最適であるとか、ハイヤー、タクシー、レンタカー、救急サービスなどの頻繁に通信が必要なものには短距離追跡がいいなどである。それに対して衛星通信は、大きなハードウエアや高額なコストがかかるが、世界をカバーし、ローミング料金がかからず、長距離や国際間のフリートに適している。しかし、ファームウェアアップグレードに必要な帯域幅が足りない。「今日の競争的な環境で、成功する企業になるためにナビゲートしなければならないのはこの複雑さである」と、Bae氏は述べる。

ABIリサーチは、商用テレマティックスに関する数多くの調査レポートを出版している。また、マーケットアップデート、「forecast database」、「industry database」、ベンダマトリックス、ABI Insights、アナリストへの質問時間などを提供する年間リサーチサービス「Commercial Telematics Research Service」も提供している。


◆調査レポート
フリートマネジメントシステム(FMS):商用テレマティックスのグローバル市場と予測
リンク

◆米国 ABI リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。