logo

「デジタル e トレンド2006-次世代デジタル家電市場予測2006-」の販売開始

~デジタル家電市場における複合化と製品の世代交代動向分析~

ネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は、モバイル製品分野からデジタル家電・ネット家電などを包括したインテリジェントデバイス分野を調査している株式会社テクノマーケティング(代表取締役 矢城 龍之介 宮城県仙台市)が、家電の市場を調査・分析した調査資料「デジタル e トレンド2006-次世代デジタル家電市場予測2006-」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年7月20日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研
 「デジタル e トレンド2006-次世代デジタル家電市場予測2006-」の販売開始
~デジタル家電市場における複合化と製品の世代交代動向分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は、モバイル製品分野からデジタル家電・ネット家電などを包括したインテリジェントデバイス分野を調査している株式会社テクノマーケティング(代表取締役 矢城 龍之介 宮城県仙台市)が、家電の市場を調査・分析した調査資料「デジタル e トレンド2006-次世代デジタル家電市場予測2006-」の販売を開始しました。

【詳細URL: リンク


■■ 調査概要 ■■

既存のアナログ家電製品と先進のデジタル家電製品との複合商品化により順調な需要市場の獲得に成功してきたデジタル家電市場は、現在現行のデジタル家電同士の複合化や現行のデジタル家電製品と次世代のデジタル家電製品との複合化や融合化などにより新たな需要市場の獲得を推し進めている状況にある。

 本資料ではこのようなデジタル家電市場における製品の世代交代傾向に焦点をあてることでデジタル家電市場の現状と今後の市場性を調査・分析している。

 また、本資料では各種デジタル家電製品の複合化がデジタル家電市場全体に及ぼしている波及効果、並びにアナログ家電製品とデジタル家電製品、あるいはデジタル家電製品同士、また旧世代のデジタル家電製品と新世代のデジタル家電製品との複合化という、デジタル家電製品世代間によるデジタル家電製品の複合化傾向にも焦点をあてることでデジタル家電市場における市場の実態と今後の方向性を調査・分析している。


■■ 本資料の特徴 ■■

■液晶テレビからHDD搭載ミニコンポまで注目デジタル家電43製品市場における市場の現状と今後の市場性を徹底調査
■VTR一体型DVDレコーダーなどデジタル家電市場におけるニューニッチ商品市場である複合型デジタル家電製品市場を緊急パワーレポート
■注目デジタル情報家電ベスト43製品市場の市場ランキングと同市場参入企業ベスト30社のマーケットシェアランキング動向を詳細にレポ-ト
■現在販売されているデジタル情報家電製品43製品1,315機種の製品スペック・発売時期・実売価格等をあまねく網羅


■■ 目次 ■■

 はじめに
 調査対象品目と調査内容
 本情報図書の読み方

【1】.デジタル家電全体市場分析編

 1.デジタル家電市場市場の現状と今後の市場性
 2.デジタル家電市場における4つのマ-ケットベクトル
 3.製品機器別デジタル家電市場規模推移と今後の予測
 4.製品別デジタル家電市場規模推移と今後の予測
 5.製品別デジタル家電市場構成比比較
 6.製品別デジタル家電短期・中期・長期市場予測
 7.デジタル家電市場マ-ケットシェアベスト32社ランキング
 8.デジタル家電参入各社の製品別市場占有率と事業構成比率
 9.製品別デジタル家電市場参入企業マップ

【2】デジタル家電製品市場分析編

 *以下の製品市場に関して次の調査項目を調査・分析しています。

    1.市場規模推移と今後の予測
    2.市場の現状と今後の市場展開予測
    3.マ-ケットシェア動向
    4.需要分野動向
    5.製品技術動向

 1.テレビ機器市場
  1.テレビ機器全体市場分析
   1.テレビ機器市場規模推移と今後の予測
   2.テレビ機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.テレビ機器市場マ-ケットシェア動向
  2.テレビ機器製品市場分析
   1.CRTカラーテレビ市場
   2.液晶テレビ市場
   3.プラズマテレビ市場
   4.リアプロジェクションテレビ市場
   5.家庭用液晶プロジェクター市場
   6.SEDテレビ市場
   7.有機ELテレビ市場

 2.DVDレコーダー機器市場
  1.DVDレコーダー機器全体市場分析
   1.DVDレコーダー機器市場規模推移と今後の予測
   2.DVDレコーダー機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.DVDレコーダー機器市場マ-ケットシェア動向
  2.DVDレコーダー機器製品市場分析
   1.据置き型DVDレコーダー市場
   2.VTR一体型DVDレコーダー市場
   3.HDD搭載DVDレコーダー市場
   4.VTR一体型HDD搭載DVDレコーダー市場
   5.ポータブルDVDレコーダー市場
   6.次世代DVDレコーダー市場

 3.ハードディスクレコーダー機器市場
  1.ハードディスクレコーダー機器全体市場分析
  2.ハードディスクレコーダー機器製品市場分析
   1.市場規模推移と今後の予測
   2.市場の現状と今後の市場展開予測
   3.HDDレコーダー関連機器市場規模推移と今後の予測
   4.マ-ケットシェア動向
   5.製品需要動向
   6.製品技術動向
   7.製品各社のハードディスクレコーダースペック比較

 4.VTR機器市場
  1.VTR機器全体市場分析
   1.VTR機器市場規模推移と今後の予測
   2.VTR機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.VTR機器市場マ-ケットシェア動向
  2.VTR機器製品市場分析
   1.アナログVTR市場
   2.デジタルVTR(D-VHS VTR)市場
   3.HDD搭載アナログVTR市場
   4.HDD搭載デジタルVTR(HDD搭載D-VHS VTR)市場
   5.VTR一体型CRTテレビ市場
   6.DVDプレーヤー一体型VTR(VTR一体型DVDプレーヤー)市場
   7.DVDプレーヤー一体型VTR内蔵CRTテレビ市場

 5.DVDプレーヤー機器市場
  1.DVDプレーヤー機器全体市場分析
   1.DVDプレーヤー機器市場規模推移と今後の予測
   2.DVDプレーヤー機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.DVDプレーヤー機器市場マ-ケットシェア動向
  2.DVDプレーヤー機器製品市場分析
   1.据置型DVDプレーヤー市場
   2.ポータブルDVDプレーヤー市場
   3.DVDプレーヤー内蔵CRTテレビ市場
   4.HDD搭載DVDプレーヤー市場

 6.デジタルオーディオ機器市場
  1.デジタルオーディオ機器全体市場分析
   1.デジタルオーディオ機器市場規模推移と今後の予測
   2.デジタルオーディオ機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.デジタルオーディオ機器市場マ-ケットシェア動向
  2.デジタルオーディオ機器製品市場分析
   1.ホームシアターシステム市場
    1.DVDシアターシステム市場
    2.シアターサウンドシステム市場
    3.AVアンプ市場
   2.ミニコンポ市場
    1.CDプレーヤー一体型ミニコンポ市場
    2.MDレコーダー一体型ミニコンポ市場
    3.DVDプレーヤー一体型ミニコンポ市場
    4.HDD搭載ミニコンポ(HDD搭載ネットワークオーディオ)市場
    5.DVDレコーダー一体型ミニコンポ市場
   3.デジタルオーディオプレーヤー市場
    1.据置型DVDオーディオプレーヤー市場
    2.SACDプレーヤー市場
    3.ユニバーサルプレーヤー市場

 7.デジタルビデオカメラ機器市場
  1.デジタルビデオカメラ機器全体市場分析
   1.デジタルビデオカメラ機器市場規模推移と今後の予測
   2.デジタルビデオカメラ機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.デジタルビデオカメラ機器市場マ-ケットシェア動向
  2.デジタルビデオカメラ機器製品市場分析
   1.ミニDV方式デジタルビデオカメラ市場
   2.SDカード方式ビデオカメラ市場
   3.DVDビデオカメラ市場
   4.マイクロMV方式デジタルビデオカメラ市場
   5.HDDビデオカメラ市場

 8.デジタルスチルカメラ機器市場
  1.デジタルスチルカメラ機器全体市場分析
   1.デジタルスチルカメラ機器市場規模推移と今後の予測
   2.デジタルスチルカメラ機器市場の現状と今後の市場展開予測
   3.デジタルスチルカメラ機器市場マ-ケットシェア動向
  2.デジタルスチルカメラ機器製品市場分析
   1.コンパクトデジタルカメラ市場
   2.デジタル一眼レフカメラ市場


■■商品概要■■

資 料 名:「デジタル e トレンド2006-次世代デジタル家電市場予測2006-」
発 刊 日:2006年2月28日
発  行:株式会社テクノマーケティング
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判  型:A4判319ページ・印刷製本
頒  価:94,500円 (税抜90,000円+消費税4,500)

【詳細URL: リンク


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立 :1996年10月
・資 本 金 :151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者 :代表取締役 津幡 靖久
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運用、
       顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホー
       ル情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、受
       託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援サービ
       スなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒112-0004
      東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
      TEL:03-5805-9126 / FAX:03-5805-9036
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
〒112-0004
東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5805-9127 / FAX: 03-5805-9036
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。