logo

携帯電話市場がブルートゥースチップを大きく牽引

携帯電話向けのブルートゥースの受け入れが急速に進み、ブルートゥース向けチップの出荷数が上昇していると、米国の調査会社インスタット社は報告する。ブルートゥースチップの出荷数の増加によって、チップ価格は急速に下落した。そして、まず携帯電話へのブルートゥース搭載が進み、他の製品へのブルートゥースの採用が進む結果となった。

携帯電話向けのブルートゥースの受け入れが急速に進み、ブルートゥース向けチップの出荷数が上昇していると、米国の調査会社インスタット社は報告する。ブルートゥースチップの出荷数の増加によって、チップ価格は急速に下落した。そして、まず携帯電話へのブルートゥース搭載が進み、他の製品へのブルートゥースの採用が進む結果となった。
「ブルートゥース携帯端末は、ブルートゥースモノタイプヘッドホンの需要によって普及し、2005年に約3300万の出荷数が、2006年には5500万以上まで増加すると予測する」とインスタット社のアナリストBrian O’Rourke氏は語る。

インスタット社は、以下の点も調査している。
- 2005年にはGSMハンドセットの1/3にブルートゥースが搭載されている。GSM携帯電話は最も急速にブルートゥースを採用している
- ヨーロッパと日本の自動車メーカーは、2005年、よりハイエンドの多くの車種においてブルートゥースを利用可能にした
- インスタット社の2006年の「Residential Technology Survey」によれば、ブルートゥース技術に「非常になじみ深い」と回答した米国の消費者は50%で、2005年の同じ調査のわずか2%から急増した

インスタット社の調査レポート「ブルートゥース市場調査 2006年: 新たな市場を拓く携帯電話とヘッドセット - Bluetooth 2006: Mobile Phones & Headsets Driving the Market to New Heights」は、世界のブルートゥース向け半導体とアプリケーションを調査した。多くのブルートゥース搭載製品について、2010年までの出荷数、収益、ASPをブルートゥースタイプ別に予測している。また、競争技術との比較など、ブルートゥース規格とその他の技術について分析している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ブルートゥース市場調査 2006年: 新たな市場を拓く携帯電話とヘッドセット
Bluetooth 2006: Mobile Phones & Headsets Driving the Market to New Heights
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事