お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネットアンドセキュリティ総研、「2006オンラインゲーム白書」の販売開始

~オンラインゲームビジネスの収益構造とビジネスモデル~

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は、株式会社メディアクリエイトが、オンラインゲームビジネスの収益構造とビジネスモデル、オンラインゲームの現状、課題、今後の発展形態そして今後のニュービジネスについてまとめた調査資料「2006オンラインゲーム白書」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年7月11日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、「2006オンラインゲーム白書」の販売開始
  ~オンラインゲームビジネスの収益構造とビジネスモデル~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は、株式会社メディアクリエイトが、オンラインゲームビジネスの収益構造とビジネスモデル、オンラインゲームの現状、課題、今後の発展形態そして今後のニュービジネスについてまとめた調査資料「2006オンラインゲーム白書」の販売を開始しました。

【詳細URL:リンク


■■ 資料概要 ■■

「オンラインゲーム白書」は1年間のオンラインゲーム産業の動向に関して、豊富なデータと全方位からの分析を元に明確な指針を指し示す業界関係者必携の一冊です。
多面的に業界をとらえ、オンラインゲームのトレンドはもちろんのこと、RMTといった周辺産業、ネットカフェやアミューズメント施設といったロケーションでのオンライゲーム動向についても漏れなくレポート。独自調査によるタイトルごとのユーザーの満足度を収録した「閻魔帳も好評です。株式上場が相次いだサービス会社の収益分析も類を見ない貴重な資料です。斯界執筆陣による前年分析、翌年以降の展望は業界関係者必見です。

特に今年は、
・定額課金
・MMORPG
・PC主体
・ゲーム
が主流であったオンラインゲームビジネスが、

・アイテム課金
・カジュアルゲーム
・家庭用ゲーム機主体
・コミュニティ
へと大きな変化が目立ってきています。
このような構造変化は、コンテンツ、家電、PC、ネットワーク、課金決済、セキュリティ産業へ、新たなビジネスチャンスを提供すると予想されています。

▼本レポートの特徴
・テレビゲーム産業界の草分け的存在で圧倒的な信頼感を得ている調査機関
 「メディアクリエイト」編集によるレポート
・豊富なデータとレポートによって構成
・転換期としての具体的事例、要因、影響評価
 「事実→原因→影響」の因果関係を分かりやすく整理してあります

・オンラインゲームビジネスの収益構造とビジネスモデルがわかる!
・オンラインゲームの現状、課題、今後の発展形態がわかる!
・オンラインコミュニティ、アバターがもたらすニュービジネスがわかる!

▼こんな方におすすめ
・広義のIT関連
・オンラインゲームビジネスに関わる全ての人に
・新規参入をお考えの方に
・オンラインコミュニティの可能性に魅力を感じる方
・シンクタンク、アナリスト等の業界ウォッチャーに
・オンラインゲームの出版社、編集者に
・ファンドの投資担当者に


■■ 目次 ■■

第1章 オンラインゲーム業界総論
  国内市場動向 [伊藤 雅俊]
  欧米市場動向 [James Hursthouse]
  欧米市場動向 [魏 晶玄]

第2章 2005年オンラインゲーム業界各論
 【各論1:商品】
  オンラインゲームのトレンドの変遷 [小沼 竜太]
  オンラインゲームの課金モデルについて考える [小沼 竜太]
  財務諸表から見るオンラインゲームの事業者の収益構造 [野島 美保]
  『スカッっとゴルフ パンヤ』成功の背景 [池谷 勇人]
  複合カフェにおけるオンラインゲーム2005年動向 [兼森 淳]
  オンラインゲームの現状とビジネスモデルについての考案
  [小川 学/中田 雄介]
  アミューズメント施設におけるオンラインゲーム [焼田 芳生]
  元年!コンシューマー機オンラインサービス [細川 敦]

 【各論2:プロモーション】
  混迷のオンラインゲームプロモーション [小沼 竜太]

 【各論3:ユーザー】
  オンラインゲームユーザーの傾向分析 [野島 美保]
  顧客満足度曲線とオンラインゲームの価格政策 [野島 美保]

 【各論4:社会性】
  RMT(現金取引)を取り巻く現状と課題 [池森 裕毅]
  株式市場の捉えるオンラインゲーム [笹尾 庸子]

第3章 タイトル別動向
  タイトル別公式データ集
  項目別分析

第4章 タイトル別動向
  ユーザー傾向分析
  タイトル別ユーザー満足度調査


■■商品概要■■

資 料 名:「2006オンラインゲーム白書」
発 刊 日:2006年4月21日発行
発  行:株式会社メディアクリエイト
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判  型:A4版 176ページ
価  格:30,000円(本体価格28,571円+消費1,429円) 送料500円
    
【詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 津幡 靖久
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運用、
       顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホー
       ル情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、受
       託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援サービ
       スなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒112-0004
      東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
      TEL:03-5805-9126 / FAX:03-5805-9036
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
〒112-0004
東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5805-9127 / FAX: 03-5805-9036
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。