logo

海外事例に学ぶ- ワイヤレス・ブロードバンドによる地域情報化ハンドブック:重要10事例分析版

米国の先進自治体10事例をもとに、自治体ワイヤレス・ブロードバンドのビジネスモデル、実現技術、利用用途などを解説

株式会社データリソースは、米国の先進自治体10 事例をもとに、自治体ワイヤレス・ブロードバンドのビジネスモデル、実現技術、利用用途などを解説する調査レポート「海外事例に学ぶ- ワイヤレス・ブロードバンドに よる地域情報化ハンドブック:重要10事例分析版」を出版しました。

「海外事例に学ぶ- ワイヤレス・ブロードバンドによる地域情報化ハンドブック:重要10事例分析版」株式会社データリソースは、米国の先進自治体10 事例をもとに、自治体ワイヤレス・ブロードバンドのビジネスモデル、実現技術、利用用途などを解説する調査レポート「海外事例に学ぶ- ワイヤレス・ブロードバンドに よる地域情報化ハンドブック:重要10事例分析版」を出版しました。

2005年12月の「u-Japan政策」、2006年1月の「IT新改革戦略」により、2010年度を目標年度とするブロードバンド全国整備の方針が示されました。総務省では、官民連携によるブロードバンドの全国整備を積極的に推進していく方針です。この整備目標を達成し、デジタル・ディバイドを解消するための技術として、WiMAXや無線LANなどのワイヤレス・ブロードバンド技術が注目されています。ワイヤレス・ブロードバンド技術は、デジタル・ディバイド解消だけでなく、地域の安全・安心確保、地域活性化など、地域情報化のインフラとして大きな可能性を持っており、ユビキタス社会の実現に向けて、今後さらに利用が拡大していくと予想されます。ワイヤレス・ブロードバンドを活用した地域情報化については、日本よりも、海外のほうが進んでいます。例えば、米国では、過疎地からサンフランシスコなど大都市まで、数百の自治体がワイヤレス・ブロードバンドを導入、あるいは導入を検討しています。

海外自治体の先進事例における利用技術、ビジネスモデル、ネットワーク構築方法、活用方法などは、興味深く、日本の地域情報化にも大変参考になると思われます。

データリソース社発刊の「海外事例に学ぶ- ワイヤレス・ブロードバンドに よる地域情報化ハンドブック:重要10事例分析版」では、これまでまとまって報告されることがなかった、自治体ワイヤレス・ブロードバンドの海外事例を豊富に紹介しています。自治体や政府機関にとっては、地域情報化の検討に有用な資料です。また、民間企業にとっては、自治体向け商品企画や提案のヒントなる資料です。本書が活用され、官民連携による地域情報化が推進されることを願っています。


この資料について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-海外事例に学ぶ- ワイヤレス・ブロードバンドによる地域情報化ハンドブック
重要10事例分析版
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事