お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2011年に5億を越えるモバイルTV加入者

米国の調査会社ABIリサーチは、2005年末にわずか640万だった世界のモバイルTVサービスの加入者は、2011年に5億1400万になるだろうと報告している。

ニューヨーク州、オイスターベイ、2006年6月21日
2005年末にわずか640万だった世界のモバイルTVサービスの加入者は、2011年に5億1400万になるだろうと米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「放送とユニキャストのモバイルTVサービス:ベンダとコンテンツの提携関係、技術、サービス、デバイス」は報告している。初期のモバイルTV市場は大きく成長しはじめており、放送サービスは広告に収益を支えられて、今後5年間でさらに躍進するだろう。

「モバイル動画ビデオのアクセス方法として、放送の人気が高まるだろう。ビデオオンデマンドの視聴を望む消費者にとってユニキャストは選択肢のひとつに留まるが、サービス加入者の大半の目的は放送コンテンツで、ユニキャストのみの加入は市場の少数派であると考えられる」とABIリサーチの上級アナリストKen Hyers氏は言う。

韓国と日本では既に導入がすすんでおり、欧州と北米市場でも導入が始まっている。今後1年から1年半で、米国では3社がモバイルビデオ放送サービスを導入する予定である。最も早く導入する予定なのはMediaFLO (Qualcomm)で、2006年の第4四半期にサービスを開始すると発表している。Hiwire (Aloha Partners)とModeo (Crown Castle) も2007年にサービスを開始する。

しかしHyers氏は、「サービス確立には多額のコストを要するため、ほとんどの市場は2つ以上の放送ネットワークをサポートできないだろう。実際、多くの市場には無線サービスを提供する主要なモバイルオペレータが3、4社しかない」と注意を喚起した。

どの放送会社がどの市場で成功するかを決定づける要因は何か? 最も重要な要因は、モバイルオペレータとの提携である。「MediaFLOはこのためにゼロから立ち上がり、米国で成功するのはほぼ確実である。」

「Verizon Wirelessは既に提携を結んでいる。ModeoとHiwireはわずか3社の主要オペレータを狙って競争しているが、どちらかが脱落する。各企業には長所と短所がある。Modeoは他社より早く市場に参入する予定だが、もし早期に主要なオペレータと提携を結べば、半分競争に勝ったようなものだ。また、Hiwireの長所は、高く(12 MHz)かつ有益な周波数帯を提供している点で、これはModeoよりも有利な特性だ」とHyers氏は考えている。

ABIリサーチの調査レポート「放送とユニキャストのモバイルTVサービス:ベンダとコンテンツの提携関係、技術、サービス、デバイス」は、主要企業、実現技術、ビジネスモデルなどのモバイルビデオの背景となる市場のダイナミクスを説明している。この調査レポートは、調査レポート、クォータリーレポート、「forecast database」、「industry database」、ABI Insights、アナリストへの質問時間などを提供する年間サービス「モバイルオペレータ年間リサーチサービス」、「モバイルブロードバンド年間リサーチサービス」、「モバイルデバイス年間リサーチサービス」の一環として提供されている。




◆調査レポート
放送とユニキャストのモバイルTVサービス:ベンダとコンテンツの提携関係、技術、サービス、デバイス
リンク

◆米国 ABI リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。