お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Opera と KDDI、日本市場でのモバイルブラウジング提供に向けて契約を強化

ノルウェー、オスロ - 2006年9月21日

ウェブブラウザテクノロジーの第一人者である Opera Software ならびに日本大手の 3G オペレータである KDDI 株式会社は本日、日本市場における KDDI 社 3G 携帯への Opera Mobile ブラウザ搭載に関する契約更新をアナウンスいたします。2004年8月に KDDI と Opera が日本市場にて 3G 携帯の性能を最大限に発揮するためにパートナーシップを締結して以来、Opera Mobile ブラウザは KDDI の携帯電話27機種に搭載されてきました。

「KDDI 社は日本大手の 3G オペレータにして日本市場で最も急速に成長を遂げつつある携帯キャリアであり、CDMA 分野のテクノロジーリーダーでもあります。Opera は携帯デバイス上に、比類ないウェブアクセスを実現することができるといち早く認めたのも同社でした。」と Opera Software の CEO、Jon S. von Tetzchner は述べています。「日本市場へ究極のモバイルウェブブラウザをご提供するために KDDI 社との契約を強化することができ、非常に喜ばしく思います。」

「Opera Mobile ブラウザは我が社の人気 3G 携帯シリーズの重要なセールスポイントとなりました。過去二年間の成功を踏まえて Opera Software との戦略的パートナーシップを一層強化し、今後 WIN シリーズ全機種でPCサイトビューアーに対応出来ることを嬉しく思います。」KDDI の au 商品企画本部 執行役員 常務、井上 正廣氏はそのように語っています。「Opera Mobile は KDDI とその加入者の高い要求を満たす最先端のモバイルブラウザであるため、我が社がモバイルウェブの提供を実現するにあたり、当然の選択でした。」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。