ANAのグローバルWeb戦略とローカリゼーションの効率化-- 世界の顧客の心を掴むWebサイト運営に必要なこととは?

CNET Japan Ad Special2015年01月22日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント紹介

 SDLは、カスタマーエクスペリエンスの向上を目指すグローバル企業に向け、ユーザーが望む言語、メディア、文脈で対応できるよう、さまざまなランゲージソリューションを提供している。今回開催される「Webグローバリゼーション」をテーマとするセミナーは、「世界各国それぞれの顧客を惹きつけるWebサイトはどのようなものか?」「世界各国向けのWebサイトを効率的に運営するにはどうしたらよいか?」に頭を悩ます企業に向けたものである。このセミナーの聞き所は、グローバルブランドの価値最大化に関わる努力を積み重ねている全日本空輸の事例である。そして、包括的な顧客体験を実現し、企業のグローバルビジネスの成功に貢献するSDLのソリューションの詳細が紹介される。このセミナーは、グローバル企業への脱皮を目指す企業にとって、今後のWeb戦略を考える上で役立つものとなるだろう。

イベントの見どころ

見どころ1

オープニングセッション:テクノロジが切り開く多言語Web サイトの可能性

 優れた顧客体験は、顧客のブランドロイヤルティに好ましい影響を与え、最終的には企業の競争力の強化につながる。現在の日本企業にとって販路の海外への拡大は急務であり、顧客一人一人を正しく理解する基盤が必要となる。そして、真のグローバル企業へと脱皮するためには、顧客とのコミュニケーションを最適な言語で行わなくてはならない。このセッションを通して、多言語Webサイト運営をテクノロジが効率的に支援することを理解できるだろう。

見どころ2

特別講演:ANA のグローバルWeb戦略とローカリゼーションの効率化
~ 世界の顧客の心を掴むWebサイト運営に必要なこととは ~

ana

 グローバル企業にとって、顧客のブランド価値を最大化することは究極の目標である。全日本空輸が、世界中に散らばる顧客にそれぞれに最適な顧客体験を提供するには、言語のローカライゼーションを効率化するシステムを活用することが不可欠であった。このセッションでは、事例企業の経験を通して、グローバル戦略におけるローカライズをどのように考えるべきか、さらにはどのように自社で実現すればよいのか、そのヒントを事例企業の担当者自らが語る言葉から得ることができる。

見どころ3

ソリューションセッション:トップ企業のグローバル化を支えるSDL の多言語対応ソリューション

 SDLでは、企業がよりユーザー目線でWebサイトを見ることができるようにソリューションを提供している。特に、中核となる多言語対応ソリューションは、グローバル企業がその顧客に状況に応じた適切なコンテンツを迅速に提供するために不可欠なものである。このセッションを通して、グローバルなWebサイト構築・運営に関する情報を、より具体的かつ技術的な側面から得ることができるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加