logo

システム・仮想基盤構築トレーニング(ロードバランサ分野)

2013年6月13日 (木)~
[ 研修 ] CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

開催場所:東京

開催日:  2013年6月13日

◎コース詳細
■コース名称:システム・仮想基盤構築トレーニング(ロードバランサ分野)
□コース略称:
□サブタイトル:~ トラフィックの効果的な分散方法 ~

■期間:1日間
■開始時間:10:00
■終了時間:17:00
■価格(税込み):\52,500-
□定員:16名

■コース概要(目的):
このコースでは、ロードバランサの概要と、ロードバランサを使用する上で必須となる基本技術を学習します。
わかり易いオリジナルテキストを利用した演習に加え、運用時の推奨や注意点なども紹介するため、実践的な力も身につける事が可能です。

□学習目標: 
・ロードバランサの基本概念を理解する
・ロードバランサの負荷分散方式、サーバ監視、高可用性について理解する



□特徴・ポイント:

□対象者:
・ロードバランサを基礎から学習したい方
・ロードバランサの運用に関わる予定の方

□前提知識・条件:
・TCP/IP通信の基礎(TCP,IP,Ethernet、OSI参照モデル、カプセル化など)

□スクール環境:
・ノートPC

■内容:
●ロードバランサの概要
 ・アプリケーション毎の負荷分散アルゴリズム選択
 ・メトリックの種類
●サーバモニター手法
 ・サーバモニターの必要性
 ・サーバの死活監視の種類と方法
●サーバの接続維持(Persistence)
 ・サーバの接続維持とは
 ・接続維持の種類
 ・NAT
●ロードバランサの冗長化(High Availability)
 ・ロードバランサHAの概要
 ・HAの種類
 ・HAを考慮したネットワーク設計

□備考:
[CTCTオリジナル演習資料]
演習の理解度が上がるよう分かりやすく説明されたCTCTオリジナルの演習資料を使用いたします。

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのロードバランサ分野を対象としています。
※本コースはCTCTのオリジナルコースです。
※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

今日の主要記事