logo

組織力向上を目指したキャリアパスとスキルの可視化

2011年8月4日 (木)~
[ セミナー ] CompTIA日本支局

開催場所:東京

開催日:  2011年8月4日

申込締切日:2011年8月3日 (水)

企業においても様々なIT環境やデバイスが利用されている現在では、情報セキュリティを維持していくにあたり、個々人のセキュリティに関する意識やスキルが必要不可欠となっています。


本セミナーでは、特別講演として、内閣官房情報セキュリティセンターより政府における情報セキュリティ問題への取り組み、また基調講演として、同センターより情報セキュリティ戦略の年度計画にあたる「情報セキュリティ2011」にから見た、現在のセキュリティ施策の現状やこれに基づく人材育成方針などについてご講演をいただきます。


また、昨今引き起こされたセキュリティ事故を検証し、セキュリティに対して、どのような人材育成をしていく必要があるかについてご案内をいたします。さらに、米国国防総省で施行されている(ISC)2認定資格やCompTIA認定資格を活用したキャリアパスモデルから、セキュリティに強い企業作りのために、求められる人材像をご案内いたします。


14:30~14:40
開会のご挨拶


14:40~14:50
【特別講演】 我が国政府の情報セキュリティ問題への取組(仮題)
内閣官房情報セキュリティセンター 内閣参事官 泉 宏哉 様


14:50~15:20
【基調講演1】「情報セキュリティ2011」と情報セキュリティ人材育成について(仮題)
内閣官房情報セキュリティセンター 安田良明 様


15:20~16:00
【基調講演2】情報セキュリティを取り巻く環境と情報セキュリティ人材育成について(仮題)
株式会社ラック 最高技術責任者 西本逸郎 様


16:00~16:30
【事例紹介】
ルールやモラルを支える、役割に応じた、人の「可用性」
~DoD(米国国防総省)の指令に倣う、PC利用者から管理者までに求める情報保全/情報管理能力~
CompTIA 日本支局 シニアコンサルタント 板見谷剛史


16:30~17:30
【体験セミナー】
人材育成における資格の活用方法
ISC2 CISSP 10ドメインレビューセミナー認定主任講師/CompTIA Security+講師
プロフェッショナル・フェロー 長谷川 長一 様