logo

【SSKセミナー】「モバイルキャリアの新成長戦略」

2011年7月20日 (水)
[ セミナー ] 株式会社新社会システム総合研究所

開催場所:東京

開催日:  2011年7月20日

申込締切日:2011年7月20日 (水)

[テーマ]
【スマートフォンでビジネスモデル大転換】
モバイルキャリアの新成長戦略
~上位レイヤービジネスの大いなる可能性と課題~
リンク


[講 師]
SMBC日興証券(株) 株式調査部
シニアアナリスト 森行 眞司 氏


[日 時]
2011年7月20日(水) 午後3時~5時


[会 場]
TKP新橋ビジネスセンター
東京都港区新橋1-1-1 日比谷ビルディング


[重点講義内容]
 昨年後半より火がついたスマホは、通信業界へ新たな成長フェーズの
幕開けを期待させる一方、まだ見ぬ新市場に対する懸念も根強くある。
 ソフトバンクが2008年に投入したiPhoneの大成功こそが、
「iモード」の成功体験から抜け出せずにいたドコモにとって、まさに
ビジネスモデル転換の好機となった。ソフトバンクが示した成功体験を
ドコモがトレースすることで、業界に対する成長期待が高まり、成熟
懸念を払拭する契機となり、新たなビジネスチャンスを生み出すことに
なるだろう。
 しかし、スマホ時代にはオープンプラットフォームが広がり、上位
レイヤーサービスに他社が参入することで、通信会社はインフラを
提供する単なる「土管屋」になり、価格競争が激化するとの懸念が
少なからずある。
ただし、iモード時代もその収入や利益の主体はあくまでも
土管ビジネスであり、土管の品質や提供料金の格差が最大の差別化要因
であったとみられる。従って、オープンプラットフォームになっても、
通信会社のビジネスモデルが崩壊するわけではない。
むしろ、オープン化でさまざまな企業がコンテンツの提供に
関わることになり、土管収入を押し上げる効果が期待される。
また、スマホ時代には、上位レイヤービジネスも大きな成長を遂げると
みられるが、一方で、リスクファクターとして何点か懸念される。
 本講演では、スマートフォン効果が期待される通信業界に対する
注目点をもとに、現状と今後の展望について解説するとともに、
関連事業者の戦略構築の一助として提言したい。


1.スマホ市場の現状は?


2.今後のARPU上昇は見込めるのか?


3.通信会社は「土管屋」になるのか?
  また、通信会社は差別化ができるのか?


4.スマホはどこまで広がるのか?また、広がった場合の影響は?
  ~中長期的な成長の鍵


5.価格競争は起こるのか?


6.スマホ増加に伴うトラフィック増大に通信会社は耐えうるのか?
  ~設備投資や研究開発投資の今後


7.iPhoneがソフトバンク以外から出る可能性や
  業績インパクトは?


8.携帯業界の今後の成長源は
  ~上位レイヤービジネスの進展と懸念点


9.海外戦略は?また、外資プレイヤーへの対抗戦略は?


10.質疑応答/名刺交換


[PROFILE 森行 眞司(もりゆき しんじ)氏]
1988年 大阪府立大学大学院修了。
大和総研、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、
2010年8月から日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)


--------------申込要領--------------


●受講料
 1名につき 31,500円(税込)
 同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 21,000円(税込)


●お申込みにあたってのお願い

下記リンク先のURLよりお申込ください。
リンク


折り返し受講証、請求書、会場地図をご本人様宛てにお送りします。
お申込み後、5日以内にお手元に届かない場合は必ずご一報ください。
(受講証は当日ご持参ください。)
※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、「開催1週間前まで」
 にお申し出ください。
 その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。


■申込・お問合わせ先■
株式会社新社会システム総合研究所
105-0003 東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4階
Tel : 03-5532-8850 Fax : 03-5532-8851
E-mail : mailto:info@ssk21.co.jp
URL リンク