logo

国際物流総合展2010にシーイーシーが出展します ~3Dの物流・生産現場カイゼンソリューションを展示紹介~

2010年9月14日 (火)~2010年9月17日 (金)
[ 展示会 ] 株式会社シーイーシー

開催場所:東京

開催日:  2010年9月14日~9月17日

シーイーシーは、9月14日から17日まで東京ビックサイトで開催される国際物流総合展2010に出展します。

「効果が見えない」、「手間が掛かる」など物流・生産現場のカイゼンはきわめて困難です。そこで、物流・生産現場のIT化を支援してきた実績をベースに、物流センターや工場などを仮想環境(バーチャル)で稼動させるソリューションを提供し、国内200社以上の導入実績をもつ、3D物流シミュレーションソフトウエアRaLCをはじめ、カイゼン業務に合わせたRaLCシリーズを紹介します。

【開催概要】
開催日時:9月14日(火)~17日(金) 10:00~17:00
開催会場:東京ビックサイト 東展示棟
ブース:東6ホール 小間番号6-506
入場料:1000円(消費税込)事前登録の場合は無料

【出展内容】
■RaLC(3Dシミュレーションソフトウエア)
物流現場の「カイゼン」「コスト削減」に欠かせないプロセス、ノウハウを蓄積。お客様ごとに異なる物流センターや倉庫内の「人・モノ・機械」のプロセスすべてを3Dシミュレーションで再現しながら、従来のカイゼン手法では発見されにくい問題点を抽出・改善を実現します。

■RaFLOW(3D表示・動線分析ソフトウエア)
RFID、WiFi、超音波など様々な位置情報システムと連携して物流現場の"人"・"モノ"・"装置"の動きを瞬時にデータ化します。作業員の状態、フォークリフトなどマテハン機器の稼働状況などのトラブルを見過ごすことなく、課題をリアルに「見える化」します。

■RaLOCA(3D在庫見える化ソフトウエア)
WMSなど在庫管理システムと連携して、3Dモデルで在庫情報や倉庫内の商品の動き、在庫状態を表示。また、作業動線の最短経路、ロケーション使用率・稼動率などをグラフィカルに見ることができます。

■RaAP(新製品)
生産能力・在庫の適正化を迅速に実現する、製造ライン向けシミュレーション。従来の生産プロセスでは見つけにくいボトルネック箇所、手待ちロスなどの問題点・改善点を数値と3Dビジュアルの両面から「見える化」します。

【プレゼンテーションセミナー】
9月14日(火)12:20~12:50 セミナーA会場(東3ホール)にて物流現場の「見える化」をテーマにしたセミナーを開催。参加費無料で当日先着順です。