logo

ICTサービスフォーラム ~企業システムに"ペイ・フォー・ユース"という選択肢~

2009年2月5日 (木)
[ セミナー ] 日本ユニシス株式会社

開催場所:東京

開催日:  2009年2月5日

申込締切日:2009年2月4日 (水)

市場が、ものの「所有」から機能の「利用」へと変化する中、ICTにおいても、システムを所有せず必要に応じてネットワークを介して利用し、使用した分だけ対価を支払う「ペイ・フォー・ユース」という形態に変化しています。

ICTリソースを雲に見立て必要に応じて利用する「クラウドコンピューティング」、ソフトウェアをネットワークを介してサービスとして利用する「SaaS」は、ICTコスト削減や運用負荷削減のみならず、ビジネスイノベーションを引き起こしています。

本フォーラムでは、日本ユニシスの考えるクラウドコンピューティングと、具体的なSaaSソリューションをご紹介すると共に、日本ユニシスのSaaSビジネス環境、基盤環境をご紹介します。

申込&詳細:リンク

プログラム:

◆13:30-14:00
【オープニングセッション】
 日本ユニシスグループが提唱するエンタープライズ・クラウドとその利用

◆14:15-14:55
【A-1】 IT基盤マネジメントのターニングポイント
 何故「所有」から「利用」への動きが注目を集めているのか
【B-1】今だからこそ、PowerWorkPlaceで組織力を高める!
 ユニファイド・コミュニケーションによるビジネス・プロセスの効率化とコスト削減の取組み

◆15:10-15:50
【A-2】 SaaSがもたらすビジネスイノベーション
 SaaS利用・提供のマーケットプレイス「ビジネスパーク」に集合!
【B-2】営業力を最大限に活かすSFAソリューション
 Microsoft Dynamics CRM4.0を活用した、営業力強化事例およびデモのご紹介

◆16:05-16:45
【A-3】 ICT基盤を利用したソリューション紹介
 内部統制評価、決算早期化…今が旬のソリューションをご紹介します
【B-3】SASTIKサービスビジネスと事例紹介
 なぜ今、SASTIKサービスが必要なのか

◆17:00-17:40
【A-4】次世代物流情報プラットフォーム「UNITRA」
 物流情報の可視化・分析・改善の好循環サイクルを実現するサービス
【B-4】 ICT機器は『所有』から『利用』の時代へ!
 LCMサービスはICT機器運用のランニング費用を削減します