logo

他社の“仮想化”への取り組みやナレッジが聞ける! 『在宅勤務、パンデミック時のBCP対策、グリーンIT・・・シンクライアントはどこまで使えるのか?』

2009年1月21日 (水)~
[ セミナー ] 株式会社ナレッジサイン

開催場所:大阪

開催日:  2009年1月21日

申込締切日:2009年1月19日 (月)

 企業のBCP実現に向けて、インフルエンザ等のパンデミック対策や災害時のリスク対策の検討が行われています。一方、BCP実現とともに、柔軟なワーキングスタイルとしての在宅勤務やテレワークなどの実現も含めた推進策として、端末のシンクライアント化に注目が集まっております。

 しかし、シンクライアントの導入には様々な不安や疑問が聞かれます。
「PCと比べて初期投資コストや運用コストが割高になるのではないか?」
「デスクトップの自由度がなくなり、エンドユーザーにとって使いにくくなるのではないか?」
「本当に使い物になるのか?」

 特に、多くのエンドユーザーを巻き込むシンクライアントにおいて、エンドユーザーの利便性は重要な判断基準です。そこで期待されているのが「『仮想化』技術です。エンドユーザーのクライアント環境をサーバー上でそっくり仮想化して再現することで、エンドユーザーにとっては、これまでとまったく変わらない環境を提供できるところが『仮想化』のメリットです。

 日立ソフトでは、これまでに『仮想化』をテーマに、ユーザー相互で情報交換をしていただく対話形式の『ワークショップセミナー』を、東京、大阪、名古屋、福岡の4会場で計7回開催いたしました。そして、多くのユーザーから現場の生きた導入ナレッジ、事例を収集し、蓄積してまいりました。

 これらのナレッジをもとに、『仮想化』という技術について、また、仮想化を活用したシンクライアントの導入・運用方法について、じっくりディスカッションし、課題解決への糸口を整備して、皆様を支援してまいります。

 当日は2部構成で、シンクライアントソリューションを紹介する講演の部を前半に設け、後半のワークショップセミナーで、ディスカッション形式でじっくりと皆様の課題解決を支援してまいります。

  どうぞ、この機会に皆様の積極的なご参加をお待ちしております。 


日立ソフト主催 第4回 ワークショップセミナー 仮想化シリーズ第3弾 
「在宅勤務、パンデミック時のBCP対策、グリーンIT・・・シンクライアントはどこまで使えるのか?」

■開催日時  2009年1月21日(水)
 ・講演の部 :13:00~14:30 (受付 12:30~) *定員30名
 -13:00~13:10「ご挨拶」  
 -13:10~13:40「在宅勤務、BCP対策、グリーンIT化等におけるシンクライアン
トの必要性!」
 -13:40~13:50 休憩
 -13:50~14:30「最新ソリューションのご紹介(在宅サービス、PC管理・監視
サービス)」
 ・ワークショップセミナーの部 :15:00~17:30(受付 14:30~) *定員8名
 -15:00~17:30「シンクライアントはどこまで使えるのか?」
 ファシリテーター  ナレッジサイン 代表取締役 吉岡英幸
 *ファシリテーターの進行によるフリー・ディスカッション形式

■主催 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
■運営事務局 株式会社ナレッジサイン
■場所 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 関西支店 
      大阪市中央区安土町1-8-15 野村不動産大阪ビル1階
■参加費用 無料
■対象 シンクライアント化をすでにご導入されている企業、または今後導入を検討している企業の情報システム部門、 システム運用・管理部門、IT資産管理部門統括責任者の方々。
■問合せ先 株式会社ナレッジサイン ワークショップ事務局 Tel : 03-3555-6901
 ●詳細ページ ⇒ リンク

今日の主要記事