logo

仮想化とiSCSIは実用段階まできた!!+BCPソリューションおよび事例セミナー

2008年10月23日 (木)
[ セミナー ] 日商エレクトロニクス株式会社

開催場所:東京

開催日:  2008年10月23日

申込締切日:2008年10月22日 (水)

日商エレクトロニクスが、最新の事例と共に、NetAppストレージによるiSCSIを利用したストレージ統合からBCPの手法を紹介します。シンプルなデータ管理と運用についてどのような方法が有効か解説するセミナーです。


日時:2008年10月23日(木) 14:30~17:40 (受付開始 14:00)
場所:日商エレクトロニクス株式会社 東京本社 7Fセミナールーム
    リンク
主催:日商エレクトロニクス株式会社
協賛:ヴイエムウェア株式会社、ネットアップ株式会社 (50音順)
参加費:無料
定員:80名


【プログラム】
14:30~ ご挨拶

14:40~ 【基調講演】
       「VMwareで実現する仮想環境とその管理」
       Vmware株式会社 シニアシステムエンジニア 松本 淳一

       昨今、コスト削減、投資対効果向上、グリーンIT、乱立したシステム環境の統合の
       必要性が叫ばれています。
       そのような中、基幹系アプリケーションに関わる仮想化もはじまっています。
       本セッションでは、VMwareが提供する仮想化技術に加え、
       開発環境から本番環境の運用管理、災害対策に至るまでの仮想環境管理製品に
       ついて紹介します。

15:20~ 休憩

15:30~ 【新製品紹介セッション】
       「運用コストを戦略的IT投資に転換させる仮想化データ管理基盤とは?」
       ネットアップ株式会社 マーケティング本部 ソリューションマーケティング部
       ソリューションマーケティング担当 シニアマネージャー 瀧川 大爾

       企業のデータ管理基盤は急速に肥大化・複雑化し、ビジネスの変化に即応させる
       ことが難しくなっています。
       更には運用管理コストの増大を招き、それが戦略的IT投資の足かせとなっています。
       この問題を解消し、運用コストの削減分を戦略的IT投資に転換できるITインフラが
       求められており、そのための有効な手段として仮想化が注目されています。
       本セッションでは、戦略的IT投資を引き出すITインフラの変革に貢献できる
       ネットアップのストレージ仮想化ソリューションとその有効性について、
       さらにVMware のサーバー仮想化プラットフォームとの連動を実現した
       最新の管理製品を交えて紹介します。

16:20~ 休憩

16:30~ 【事例紹介セッション】
       「ユニファイド・ストレージが実現する統合データ管理基盤構築」
       日商エレクトロニクス株式会社 原田 高志

       システムごとに乱立するサーバやストレージ。それらの煩雑なシステム環境を
       限られたリソースで運用することは、運用管理コストの増加を引き起こします。
       また、増大の一途を辿る重要な企業内データを保護し、いかに事業継続を
       図っていくかは、企業にとって至上命題になっています。
       本セッションでは、日商エレクトロニクスの最新事例を交えて、
       NetAppストレージにより、いかにシンプルなITインフラの構築を実現し、
       事業継続性の高いシステムを構築していくかを紹介します。

17:20~ 質疑応答