logo

情報系システム新3種の神器~3ヵ年計画で導入を検討する~

2007年4月10日 (火)
[ セミナー ] 株式会社大塚商会

開催場所:大阪

開催日:  2007年4月10日

申込締切日:2007年4月9日 (月)

はじめに 13:30~14:00
『喜ばれる情報系システムについて考える』
講師:株式会社大塚商会

導入検討はしたものの費用対効果が見えない。
せっかくお金をかけて構築したのに活用度が低い。
と、システム管理者を悩ませるのが情報系システムです。
今、市場が求めている情報系システムと導入のポイントについてご紹介いたします。

セッション1 14:00~14:40
『複雑化する社内システムの大衆化』
講師:サイボウズ株式会社 大阪営業所所長 栗山圭太氏

社内システムには基幹業務システムからグループウエアまで
様々なシステムが存在します。それぞれは、システムがもつ
目的を達成するために設計させています。そのため、複数の
システムを扱うユーザーにとって、決して扱いやすいものと
はいえません。
サイボウズガルーンはこれまでサイボウズ社がグループウエア
分野で培ってきた大衆化のコンセプトをEIP=企業ポータルに
引き継いだ製品です。
本セッションではガルーン2を利用した情報系システムの大
衆化の考え方を中心にお話します。

セッション2 14:40~15:20

『 真の営業支援とは? 効果的な営業支援ツールの活用法 』
          ~科学的な営業で顧客満足の向上と効率アップを目指す~
講師:株式会社大塚商会

日本でSFAが広まり始めて早十年。現在、市場においては従来の見込管理型から
プロセス管理型まで様々な製品が出ています。また、中小・中堅企業から大手企業まで
幅広い企業層で導入されています。ところが、導入したシステムが十分に機能を発揮せず
運用を中止したり他システムに乗り換える企業が多いことも事実です。
今回のセミナーでは大塚商会のSPR(セールス・プロセス・リエンジニアリング-CRMとS
FAの機能を兼ね備えたシステム)の運用事例もエッセンスとして取り込み、
サイオステクノロジーの『SFA+(SalesForceAutomation+)』の効果的な活用方法をご提案いたします。

セッション3 15:30~16:10
『データを貯めてるだけのシステムになっていませんか?
~Dr.Sumで実現する「経営の見える化」~』

ウイングアークテクノロジーズ株式会社 リージョナル営業本部 西日本営業部 加賀美正博氏

社内システムに貯まっているデータを、業務現場から
経営者に至るまで届くデータ活用を実現するBIツール「Dr.Sum EA」。
そもそもBIって何だろう?どのような場面で使うの?
そのような疑問にお答えし、現在1300社導入の
純国産☆高速集計BIツール「Dr.Sum EA」
を活用例を交えてご紹介します。

セッション4 16:10~17:00 相談会。

今日の主要記事