logo

「平成18年度情報モラル啓発セミナー」in名古屋 今、企業に問われる情報モラルと社会的責任 ~個人情報保護・情報セキュリティ・電子商取引を考える~

2006年12月15日 (金)
[ セミナー ] 経済産業省中小企業庁、経済産業省中部経済産業局、財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

開催場所:愛知

開催日:  2006年12月15日

申込締切日:2006年12月15日 (金)

日 時:平成18年12月15日(金) 13時20分~17時00分
場 所:名古屋国際会議場(レセプションホール)
    名古屋市熱田区熱田西町1-1  リンク
    地下鉄名城線西高蔵駅徒歩5分 / 名港線日比野駅徒歩5分
対 象:中小企業の経営者・管理者、実務担当者、企業でインターネットを活用する人等
定 員:300名(先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)  
参加料:無料


プログラム
◆主催者挨拶 13:20~
◆ビデオプレゼンテーション 13:30~14:10
「今、企業に求められる情報モラルとは?」
IT化を進めようとしているある中小企業が、個人情報の漏洩やコンピュータウイルスのトラブルに遭遇し、奮闘する様子を題材として、情報モラルの取り組み方をわかりやすく説明したビデオを上映する。制作を担当した(財)ハイパーネットワーク社会研究所の研究員が、企画のポイント、社内教育への効果的な活用法などについて解説します。

◆講演1 14:15~15:15
「個人情報保護に対する企業の実践的な取り組み」
講師:ネットワンシステムズ株式会社 情報セキュリティセンター長 山崎 文明 氏
個人情報保護についての取り組みは、今や企業にとって必要不可欠な条件となってきています。企業が個人情報の管理を徹底するための効果的な方法、情報セキュリティの具体的な対策などについて解説します。

◆講演2 15:30~16:30
「安心・安全なネットビジネスをめざして」
講師:有限責任中間法人 ECネットワーク 理事 沢田登志子 氏
インターネットでの電子商取引が急速に広がっています。これに伴い誇大広告による不当表示、必要な情報がないために起こる事故など、トラブルが頻発しています。消費者の権利尊重や企業の信頼確保のために、何に取り組まなければならないか。ネットトラブル相談事例などから説明します。
◆質疑応答 16:30~17:00

今日の主要記事