お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Verityナレッジマネージメントフォーラム2005

2005年10月25日 (火)
[ セミナー ] オートノミー株式会社
開催場所 : 東京
開催日:  2005年10月25日
申込締切日 : 2005年10月24日 (月)
- 明日のナレッジマネージメントへの提言 -
ナレッジマネージメント+ビジネスプロセスマネージメントは、Verity?



★ワールドワイドで11,500社以上の導入★
   フォーチュン10社中の9社、50社中の40社、100社中の67社が導入!

★日本国内有力企業350社以上の導入★
   日産自動車様では、ワールドワイドのポータル基盤として
     セイコーエプソン様では、技術情報ポータルとして
       オリンパス様では、Webサイトでのカスタマーサービス強化に
  カカクコム様では、顧客の利便性を向上に

    Verity製品がご利用されています。

■ベリティは、最強の「企業内検索システム」をもち、「ナレッジマネージメント」や
「ビジネスプロセスマネージメント」を統合し、「知的資本経営」を実現するソフトウェアです。

10/25(火) 目黒雅叙園にてセミナーを開催します。
参加費1万円を、無料にてご参加いただけるようご案内しております。

【ご招待コード V-1】をご記入のうえ、今すぐお申込み下さい。
リンク

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Verityナレッジマネージメントフォーラム2005

- 明日のナレッジマネージメントへの提言 -

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



┌────────────────────────
★人 + 情報 + プロセス = 眠れる企業力の覚醒
└────────────────────────

■■Verityナレッジマネージメントフォーラム開催 ■■ 無料ご招待
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「明日のナレッジマネージメントへの提言」と題し、ビジネス競争力を高めるた めのKMソリューション、お客様事例を幅広くご説明いたします。
今回は、世界で始めてリアルタイム検索機能を実装したBPMソリューション 「LiquidOffice」もご紹介いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時: 10月25日(火) 12:30開場 13:00-17:20
場所: 目黒雅叙園 2階 舞扇 
    リンク
定員: 200名様 <先着順>
主催: ベリティ株式会社
特別協賛:ハンモック株式会社
協賛  :株式会社エクサ 株式会社デジタルガレージ 
     日本ヒューレット・パッカード株式会社 メイトリックス・ワン株式会社
参加費: 無料 『招待コード V-1』でお申し込みください。 

━━アジェンダ概要━━                           
                     
■キーノートスピーチ「優良情報資産と不良情報資産の差」
    日経ビズテック・日経ビジネス・日経コンピュータ 編集委員 谷島宣之氏
■ベリティ社の戦略 
    米Verity社 CEO Anthony Bettencourt (同時通訳)
■パラレルセッション

<製品トラック>
●検索・分類・コミュニティの統合情報共有プラットフォーム『K2 Enterprise』の
ご紹介
●簡単導入により、低コスト運用を実現する情報検索ツール 『Ultraseek』のご紹介
●内部統制を着実に勧めるワークフローシステム『LiquidOffice』のご紹介

<ソリューショントラック>
●Verity K2 Enterprise による情報資産活用の仕掛けづくり
~コミュニティ・オブ・プラクティスの形成を目指して~
●Ultraseekを活用した富士ゼロックス マニュアル改訂~配信ソリューション
●オリンパス株式会社様 ~高い顧客満足度、ブランド力をもたらした
Ultraseek活用ソリューション
●『LiquidOffice』がBPMの定義を変えた~U.S.最新ユーザー事例~
●Verity K2 Enterpriseによるナレッジ統合ポータルのご紹介
●MatrixOneが提唱するナレッジマネジメント



■詳細なプログラム内容はこちらです。
リンク



1)情報資産活用により、経営や業務効率の向上をご 検討されていますか?
2)グローバル、エンタープライズ、部門、技術情報ポータル等の構築をご検討
  中ですか?
3)単なる情報検索ではなく、エキスパート情報やコミュニティ情報との連携を
  ご検討中ですか?
4)eコマースや自社のWebサイトにおいて、情報検索を容易にしお客様の満足度
  の向上をご検討されていますか?
5) BPMやワークフローの導入によりビジネス効率やガバナンス向上をご検討
  ですか?
6)ナレッジマネージメントの必要性は理解しているが、具体的な推進方法に
  迷われていませんか?

その他、情報の活用についてご関心のある方
下記のページに今すぐアクセスしてお申込みください。
 『招待コード V-1』をお忘れなく!
リンク