logo

製品情報

Wii

任天堂

Wii

【主なスペック】
【発売日】
2006年12月
【メーカーサイト】
LINK

ユーザーレビュー

2007年02月07日 04時51分
自分は持っていませんが、知人が購入したので見せてもらい、プレイさせてもらいました。
正直な感想を書くと、まず、やっている所をみて引きました。
そんな自分の心が分かったのか、ちょっと恥ずかしそうにプレイしていました。
以前オペレーターズサイドというPS2の音声認識ゲームがありましたが、Wiiをプレイする姿は、オペレーターズサイドを一人でブツブツ言いながら黙々とプレイしている様子に近いものがあり、ちょっと不気味です。

次に「疲れそう・・・」と思いました。
聞くとやはり、リモコンを振ってプレイするため「そんなに(リモコンを)振り回してないのに肩がこるから長時間は無理かな・・」と言っていました。

あと、安全にプレイするためにスペースが結構必要だそうです。
すぐ隣にコタツがあるような状態で座りながらプレイするようなスタイルでは、周りにリモコンをぶつけないように気を使いますし、余計に肩がこると思うので、それなりの場所を確保する必要があります。
あとストラップはしっかり締めたほうが良さそうです。
海外では既に問題視されてきましたが、国内でも子供が熱中しすぎてリモコンをすっ飛ばし、テレビの液晶画面を割ってしまい、20万強の修理代を請求された・・なんて例もちらほら目にします。
子供に高額な液晶テレビを壊されるなんて、たまったもんじゃありませんが、プレイしている子供と常に一緒に居るというのも無理な話です。
ストラップをちゃんとしていてくれれば、机や椅子にリモコンをぶつけてもリモコンが壊れるだけで済みますが、例えばゲームの途中でお菓子を食べたりトイレにいったりするだけで逐一ストラップを外す可能性があるので、厳しく教えたとしても完全に事故を防ぐには限界があります。

そうした事例も含め、Wiiの場合、やはり多人数、例えば家族全員が1つの部屋に集まってワイワイとプレイするようなスタイルに向いていると感じました。
逆にRPGや戦略SLG、AVGなど個人的に楽しむようなゲームの場合、一時は面白くても早々に飽きてしまうと感じました。
これは皆さんが仰る様に特徴的すぎるコントローラーの性質故にです。
第一、多人数が集まる機会なんて、早々ありませんから、Wiiにとってこれらの問題は致命的だと思います。

実物を見る前までは私も「今までのゲーム機のなんたるかを根本から破壊する興味深いゲーム機」という印象だったのですが、今となっては「かなりシチュエーションが限定された特異なオモチャ」という印象に変わってしまいました。
そもそもリビング離れを鑑みた結果、成功を収めたのがニンテンドーDSであったはずなのに、その教訓が全く生かされないゲーム機というのは如何かと思い直しました。

Wiiリモコンが飽きる原因であるなら飽きさせないソフトを作るためにはWiiリモコンの性質を利用しないゲームを作るしかありません。
しかしWiiからWiiリモコンを外した場合、言い方はキツイかもしれませんがPS2以下、場合によっては初代PS並だと思いました。
映像も1世代以上前のゲーム機同様に感じるし、ゲーム以外のおまけ要素的な機能もポータブル機のPSPにさえ劣っている様に感じます。
そうなると価格が倍でも、Wiiの10倍とも15倍ともされるスペックを誇るPS3の方がよほど魅力的に見え、PS3の半額に関わらずWiiの方が高く思えてきます。

初期人気が高いだけに、飽きるユーザーの数も膨大なので、その反動も懸念されます。
何れにしても対抗機と比較した場合、スペックでは絶対勝負にならないのは明白であるため、これをどこかでカバーする必要があります。
道のりはかなり険しいと思いますが、Wiiの将来は全て、今後発売されるソフトの斬新さ如何にかかっていると言っても過言ではない筈なので、頑張って欲しい所です。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]