logo

製品情報

Matrox

Millennium G550

【主なスペック】
【メーカーサイト】
LINK

ユーザーレビュー

2002年05月22日 00時00分
Millennium G550のデュアルヘッドDDR32MB/DVI-Dsub変換コネクタ付きを購入。地元のいつもの店ではリテールしか入らないと言うことで、さらに隣町まで遠征しても店頭在庫が無く、やむを得ず通販を使いバルク版を購入。送料込み13500円程度。
評価はデュアルヘッド使用でのドローやお絵かき主体として行っていますので、ご注意下さい。

購入を決断した理由は、
  ・デュアルモニタを目指して今まで使ってきたG450はビデオメモリ
   不足で、解像度を上げると24bitカラーにならないため不満だった
  ・ゲームもやらないし3D能力は不要なので、2Dでの表示品質がほしい
  ・折からの不況で毎年恒例の新しいPC組立の予算がないため、せめて
   ビデオカードの交換でお茶を濁そうと思った
  ・デュアルモニタ製品としては割と安価
です。

●総合評価としては、100点中80点を与えられます。
 画質の違いがわかるほどの目は持っていないが、以前のG450と同じ絵作り
のようだ。画質に不満はない。さらに昔のRIVA TNTと比べるとコントラスト
より階調重視のおとなし目の絵に見える。デュアルヘッドも以前より使いや
すくなっている。

 評価環境 Windows2000Pro、マシンはATXマザーを使った自作。ビデオ
      まわりと関係のありそうなデバイスは、
        USBペンタブレット
        IEEE1394 I/F
        SCSI I/F
      モニタはSONYの21インチと飯山の19インチ

●詳細評価(行頭の+−記号は良い点と欠点を表す)
 +デュアルヘッドは、タスクバーの表示がプライマリに限定されていて
  使いやすい。G450では単純に横ドットが増えた扱いなので、ログイン
  ダイアログは右と左のモニタに真っ二つに泣き別れだし、タスクバー
  もセカンダリまで伸びているので、タスクトレイのアイコンにアクセ
  スするにはセカンダリの右端までマウスの大旅行が必要だった。
 +デュアルヘッドのプライマリ・セカンダリモニタの詳細な設定が出来
  る。それぞれに別解像度を割り当てることも出来るし、さらにモニタ
  の解像度上限を設定しておくことが出来る。プライマリとは別のICM
  プロファイルをセカンダリに適用出来る。
 +1280*1024の解像度でもリフレッシュレートが85Hzまで伸びているの
  でチラツキのない画面が得られる。ペンタブレットがモニタ近くにあ
  ると磁界の影響を受けてカーソルが振動することがあるが、リフレッ
  シュレートが上がったおかげで干渉が回避しやすくなった。
 +1280*1024の解像度でも32bitカラー表示。やっぱり画面が広いと作
  業しやすい。これ以上解像度が上がっても21インチモニタでさえが字
  が細かくなって実用的でない。
 ?各種ユーティリティが付属する。プライマリにプライマリとセカンダ
  リの縮小表示ウィンドウを表示するヤツとか、IE5.5以降用のプラグ
  インなど。バルクの英文マニュアルを読解する気力がないので詳細は
  不明。それなりに便利そうだが、リソース消費の原因になりそう。

●ワタシがやったインストール時のミス
 !インストール時は以前のビデオカードのドライバをアンインストール
  してからやったほうがいい。特にG450など同じ血筋のドライバが残っ
  ているとそのドライバも組み込まれてしまい誤作動の原因。
 !デュアルヘッドにするにはドライバ側とWindows側両方で設定しない
  とセカンダリが有効にならない。

●その他
 !ペンタブレット使用の場合、ペンのマッピングをプライマリに限定す
  る設定をしないと、デュアルヘッドで横方向の解像度が倍になるので
  ペンで円を描いたつもりでも楕円になってしまうので注意。
 !やはり二つのモニタの色が違うなぁ。ちゃんとカラーマッチングしな
  いとイカンのだろうな。

二日ほど使った時点でのレビューは以上。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]