Stability AI、手書きのスケッチを画像に変換するAIツール「Stable Doodle」を公開

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年07月18日 09時08分

 時に、頭に思い描いていることが文章では表現できず、紙に絵を描くのがそのアイデアを示すための最良の方法だという場合がある。しかし、「ピクショナリー」というゲームをしたことがある人なら、ささっと描いたスケッチが、あまり美しくはなかったり、何の絵か簡単には分からなかったりすることを知っているだろう。そこで役に立つのが、Stability AIの新たな人工知能(AI)ツールだ。

Stable Doodleで作成した画像
提供:Stable Doodle

 Stability AIは、「Clipdrop」の新機能として、スケッチを画像に変換するAIツール「Stable Doodle」の提供を開始した。ユーザーのスケッチとプロンプトだけを使用して、ラフスケッチを洗練された画像に変換できる。

 同社によると、このツールは、Stability AIの画像生成技術「Stable Diffusion XL」に、AI画像生成の精密な制御を可能にする「T2I-Adapter」を組み合わせたものだという。

 高度な技術を採用しているにもかかわらず、このツールそのものは非常にユーザーフレンドリーで楽しいものだ。この技術を最大限に活用するために必要なスキルは、基本的な描画スキルだけで、このツールは現在、無償で提供されている。

 Clipdrop by Stability AIのウェブサイト か、「iOS」または「Android」の「ClipDrop」アプリから試用できる。サイトを開いたら、マウスを使用して、何でも好きなものをスケッチできる。筆者は、とてもシンプルな子犬を描いてみた。

手書きの子犬
提供:Screenshot by Sabrina Ortiz/Stable Doodle

 手書きで絵を書いたら、プロンプトを入力する。プロンプトにはどのような画像を生成してほしいかを入力でき、希望するアートスタイルも選択できる。手書きの絵とプロンプトが完成したら、「Generate」をクリックしよう。筆者は「子犬」の「Anime」スタイルを指定したところ、次のような画像が生成された。

生成された子犬の画像
提供:Screenshot by Sabrina Ortiz/Stable Doodle

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]