arrows、らくらくホンなどのFCNTが民事再生--帝国データバンクが報じる

 帝国データバンクは5月30日、「arrows」ブランドなどで知られる携帯端末メーカーFCNT、ジャパン・イーエム・ソリューションズ、REINOWAホールディングスの3社が民事再生法の適用を申請したと報じた。

FCNT製スマートフォン「arrows N F-51C」と「らくらくスマートフォン F-52B」
FCNT製スマートフォン「arrows N F-51C」と「らくらくスマートフォン F-52B」

 FCNTは、2016年に富士通 モバイルフォン事業本部を母体に「富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社」として設立。2021年4月に「FCNT株式会社」へと社名を変更している。

 スマートフォンarrowsブランドを展開するほか、簡単に扱える携帯電話として「らくらくホン」ブランドをラインアップしており、スマートフォンタイプの「らくらくスマートフォン」も用意している。帝国データバンクによると負債額は3社合計の単純合算で約1431億600万円になるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]