ITの問題解決に「ChatGPT」を利用する人が7割近くに--米調査

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年04月24日 11時24分

 ほんの1年前には、IT関連で何か疑問があればGoogleで答えを検索していただろう。しかし今では、「ChatGPT」を使って人工知能(AI)が生成する会話形式の説明を参照する人が増えている。

ChatGPTのサイトを表示するスマートフォン
提供:June Wan/ZDNET

 企業向けITプラットフォームを手がける米新興企業Electric AIは、米国で1000人を対象に、ITに関するアドバイスをどこから得ているか調査した。それによると、回答者の実に66%がITの問題解決にChatGPTを利用していた。

 IT関連の質問として特に多かったのは、コンピューターの画面がフリーズした、インターネットが遅い、コンピューターの動作が遅い、スマートフォンが熱くなった場合の問題解決など、基本的な質問だ。

 意外でもないが、ChatGPTにIT関連のアドバイスを求める割合が最も高かったのはZ世代で83%、次いでミレニアル世代で67%となっている。X世代は50%、ベビーブーマーは48%で、若い世代とそれほど大きな差があるわけではなかった。

 では、AIチャットボットからITのアドバイスを受けるのは賢い選択なのだろうか。

 Electric AIは、米国で最も検索されている4つの技術的な質問について、IT管理者200人にChatGPTの回答を判定してもらった。

 その結果、これらのIT専門家はChatGPTによる回答の総合的な正答率を100点満点中39点と評価した。ChatGPTが2022年11月に公開されたばかりであることを考慮すると、39%という総合評価はそこまでひどい数字ではない。

 ChatGPTの回答の中には、正答率が高かったものもある。例えば、「どうすればインターネットを速くできるか」に対する回答は、74点という高得点を獲得した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]