「PayPayポイント」に有価証券の買付機能--売却で「PayPay残高」へチャージ

 PayPay証券とPayPayは4月10日、4月8日に「PayPayポイント」を使って有価証券を買付できる機能を追加したと発表した。

 有価証券の売買ができる「PayPay」内のミニアプリの1つとなる「PayPay資産運用」で買付できる。

キャプション

 PayPay資産運用は、PayPayアプリからの証券口座の開設や、「PayPay残高(PayPayマネー)」による有価証券の売買ができるサービス。

 有価証券の売却はPayPay残高へのチャージとなるが、チャージが上限額を超える場合や残高が100万円を超える場合は、ユーザーが登録した銀行口座へ出金するという。

 買い付けは、PayPayマネーとPayPayポイントの合算金額で実施し、PayPayポイントを優先して減算する。最低買付金額は1円単位で100円以上となり、1ポイントは1円として利用できる。

PayPayポイントで買付する際の画面イメージ
PayPayポイントで買付する際の画面イメージ
キャプション
概要

 また、4月8日から新たに、計17銘柄のETF、投資信託の提供を開始。PayPay資産運用で売買できる銘柄は、26となった。

4月8日から全26銘柄が売買可能に
4月8日から全26銘柄が売買可能に

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]