VAIO、スタンダードノートPC「F16/F14」--「Windowsの定番」目指す、海外も視野

 VAIOは3月29日、新ノートPCとして、個人向けの「VAIO F16」と「VAIO F14」、法人向けの「VAIO Pro BM」と「VAIO Pro BK」を発表した。

 スタンダードモデルとなる一方で、ハイエンドモデルから多くの機能を受け継ぐ。VAIO 代表取締役社長の山野正樹氏は、今回の新製品で「Windowsの定番モデル」を目指すと意気込む。

(左から)VAIO プロダクトセンター長 黒崎大輔氏、VAIO 代表取締役社長 山野正樹
(左から)VAIO プロダクトセンター長 黒崎大輔氏、VAIO 代表取締役社長 山野正樹

 16.0型ワイドのF16とPro BMは、共通仕様として、突起部を含まないサイズが高さ約16.6〜19.9mm×幅358.3mm×奥行き255.6mm、重量が約1.65kg。16.0型ワイドパネル(WUXGA 16対10、1920×1200dpi)のディプレイを搭載する。

VAIO F16
VAIO F16

 14.0型ワイドのF14とPro BKは、突起部を含まないサイズが高さ約19.5〜19.7mm×幅322.9mm×奥行き221.5mm、重量が約1.34kg。14.0型ワイドパネル(Full HD 16対9、1920×1080dpi)のディプレイを搭載する。

VAIO F14
VAIO F14

 カラーは、個人向けのF16とF14が、「ネイビーブルー/サテンゴールド/ウォームホワイト」の3色、法人向けのPro BMとPro BKは、「ダークメタルグレー」の1色となる。それぞれ価格はオープンだが、F16の「VAIOストア」の最小構成価格が13万6800円(税込)、量販店での想定価格が18万3800円から。F14のVAIOストア最小構成価格が13万1800円、量販店での想定価格が17万5800円から。受注開始および最速お届け日は6月になる見込みだ。

ハイエンドモデルの機能を継承、「Windows版MacBook Air」目指す

 円安や物価高騰なども影響してモノの厳選意識が高まる中、PCは嗜好品から必需品へと変化。生活雑貨のように必要十分で長く安心して使えるものが求められる傾向にある。しかし、PC自体はスペックと価格を軸に評価され、日常的にPCを使う多くの人が「これを選んでおけば間違いない」と思える選択をすることが難しくなっているという。

 山野氏は「日本で特に高いシェアを持つ『iPhone』との同期という観点から、若者を中心に『MacBook Air』が好まれている。Mac陣営の定番商品といえるが、一方でWindows陣営は、各社がさまざまな製品を出している。突出して売れている製品がない、群雄割拠といえる状態だが、一般のユーザーにとっては理解が難しい“スペック表とのにらめっこ”が必要で、どれを選べばいいかの判断が難しい」と付け加える。

 より手の届きやすい価格で、より多くの人に長く愛着を持って使ってもらえる定番を創ることを目指し、ゼロから必要なPCの要素を見定める全社的なプロジェクトを発足。従来PCの「当たり前」を見直し、VAIOが長年のPC開発によって培った価値の中で継承すべきものを見極め、さらに変化するワーク・ライフスタイルに対応できるかどうかを検討したという。

 新製品は、VAIOが導き出した定番の4つの条件「見やすい大画面」「長持ちする品質、安心」「普段使いに“ちょっといい”性能」「快適なオンラインコミュニケ―ション」を実現したモデルだ。見やすい大画面では、コンパクトな筐体に一回り大きな画面を搭載したほか、180度開けるヒンジを採用。また、専用ショートカットキー(「Fn」+「2」)により、コンテンツを回転させて表示することもできる。

一般的な15.6型ワイドとの比較
一般的な15.6型ワイドとの比較
従来モデルより画面比率を向上させた
従来モデルより画面比率を向上させた
180度開けるため、画面を相手に見せたいときなどに便利だ
180度開けるため、画面を相手に見せたいときなどに便利だ

 長持ちする品質、安心では、「安曇野FINISH」と呼ばれる徹底した品質チェックに合格した製品だけを提供。パームレストは1枚板のアルミ合金製で、キズに強くなる表面処理を施した。キーボードのキーは特別配合したUV硬化塗装で一つ一つをコーティングするとともに、キートップの文字が消えにくいレーザー刻印を採用。長期にわたる使用でも品質を維持できるという。

パームレストとキーボードイメージ
パームレストとキーボードイメージ

 また、山野氏は、「本来であれば発表と同時に発売したかったが、量産に向けて安曇野本社で準備をするなか、長時間ご利用いただいた場合に一部懸念が残る課題が見つかった。お手元に届く前に課題が見つかったことは幸いで、品質検査を徹底しているからこそ、発見できた」と、発売日を遅らせてでも品質にこだわる姿勢を見せた。

こだわりの証となる「安曇野FINISH」
こだわりの証となる「安曇野FINISH」

 加えて、省電力設計だけでなく、外装部(液晶を除く)の約50%を無塗装化し、環境負荷の大きい塗装工程を大幅に削減。ボトムケース全体(使用するプラスチック総質量の約10%)に再生材を使用することで、循環型社会の実現を目指すという。

 普段使いに“ちょっといい”性能では、最新世代となる「第13世代インテル Core Uシリーズ プロセッサー」を採用。約16時間使用できるスタミナバッテリーと、バッテリー駆動時の実使用時間を少しでも長く制御する新機能「バッテリー節約設定」を搭載する。

 快適なオンラインコミュニケーションでは、AIの力で騒音などの環境ノイズだけを除去するAIノイズキャンセリング機能を搭載。マイクの集音性能を向上したステレオアレイマイク、VAIOが独自に最適化を施した「Dolby Atmos」など、オンラインでも距離を感じることなくクリアな音声で会話が行えるという。さらに、ビデオチャットがより快適になるカメラ映り最適化機能も搭載した。

 アクセサリーも発売する。本体のデザインに合わせたオリジナルデザインのワイヤレスマウスのほか、F14とPro BK専用の「のぞき見防止フィルター」を用意した。

ワイヤレスマウス
ワイヤレスマウス
のぞき見防止フィルター
のぞき見防止フィルター

 山野氏は、「本当に必要な性能や機能が詰め込まれた良いモノ、愛着を持って気持ちよく、長く使えるモノは、VAIOの本質的な価値と捉えている『カッコイイ(Inspiring)』『カシコイ(Ingenious)』『ホンモノ(Genuine)』の3つを盛り込むことで実践できる」という。

 ハイエンドモデルの機能から定番の条件になりうるものの検証、検討などを重ねた結果、条件の多くがPCのカタログのメインスペック表に表れなかったとし、「定番となるために必要な手に取りやすい価格も考慮し、“史上最軽量”“驚くような斬新な機能”などは盛り込まないが、一見平凡に見える製品に非凡さを埋め込み、手の届きやすい価格帯で提供する」と商品コンセプトを補足した。

定番の条件を見直し
定番の条件を見直し
VAIOの本質的な価値で「定番」を実践する
VAIOの本質的な価値で「定番」を実践する
スタンダードモデルだが、ハイエンドモデルから多くの機能を受け継ぐ
スタンダードモデルだが、ハイエンドモデルから多くの機能を受け継ぐ

 また、VAIOは、新製品がより多くの人にとっての「定番」を創ることを目指し、個人法人向けにそれぞれ制作した、新製品のコンセプト紹介ムービーなどを公開。さらに、日本アニメに欠かせない“定番”声優となる諏訪部順一さんを起用したスペシャルムービーも用意。3月29日以降、4回に分けて公開するとしている。

 
 

「独立後初」の従来と異なる方向性--国内シェア増と海外展開狙う

 VAIOは2023年5月期、過去最高の売り上げの達成を見込む。山野氏は「今回の新製品は、(ソニーから)独立後はじめてとなる、従来とは異なる方向性のPC。販売台数の約4~5割を担い、2024年5月にラインアップ全体でさらに1.5倍以上の規模へ成長していくことを目指す。また、この製品を皮切りにグローバル向けにもVAIOの価値をお届けしたい。現在は販売比率の95%が国内で、海外のVAIO製品は私たちが設計、製造していない、ライセンス型商品が大半だ。国内のシェア向上と、海外向けの自社製品販売を増やしたい」と構想を述べた。

過去最高の売り上げを見込むという
過去最高の売り上げを見込むという
今後の構想
今後の構想

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]