NASA、Axiomと共同設計した最新の宇宙服を公開--月面着陸に対応

Kourtnee Jackson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年03月16日 10時14分

 米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士は、2025年の月面着陸ミッション「Artemis III」で月面に降り立つとき、象徴的な白い宇宙服の最新版を着用する予定だ。NASAはAxiom Spaceと提携して、保護機能を強化し、可動域を広げ、革新的な性能を備えた次世代宇宙服「Axiom Extravehicular Mobility Unit(AxEMU)」を設計した。そのプロトタイプが米国時間3月15日、Moon 2 Mars Festivalで披露された。

AxEMUのプロトタイプ
AxEMUのプロトタイプ
提供:Axiom Space Inc

 Axiomはプレスリリースで、NASAと協力してこの宇宙服をアップグレードしたこと、また、宇宙対応の一連のトレーニングスーツを2023年晩夏に提供する計画であることを明らかにした。この宇宙服は、「宇宙探査のための高度な機能とともに、月面やその周辺でのアクセス、生活、作業に必要なNASAの商業的に開発されたヒューマンシステムを、宇宙飛行士に提供する」という。

 公開された黒色の宇宙服は、最終的な製品ではなく、独自の構造を隠すためのカバー層が展示のために使われている。Axiomによると、月面着陸用の宇宙服は、熱を反射して過酷な温度から着用者を守るために白色でなければならないという。安全性と技術的機能の強化に加えて、AxEMUは米国人の男性と女性の「少なくとも」90%にフィットすると、NASAは発表の中で述べた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]