アマゾンの衛星ブロードバンド計画「Project Kuiper」をFCCが承認

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年02月14日 12時58分

 Amazonの衛星インターネット事業「Project Kuiper」が米国時間2月8日、米連邦通信委員会(FCC)から承認された。Kuiperは3236基の人工衛星で構成されるネットワークだが、SpaceXは自社の「Starlink」衛星コンステレーションに衝突するリスクをもたらすとして、FCCに異議を唱えていた。

上空から見た地上
提供:AleksandarGeorgiev/Getty Images

 FCCは当初、2020年にAmazonのKuiper衛星ブロードバンド計画を承認していた。だが、SpaceXやViasatなどの企業から、スペースデブリの発生や他の衛星コンステレーションとの衝突リスクなどに関する反対意見が相次いだため、検討を続けていた。

 しかし、FCCはAmazonのスペースデブリ軽減計画を認め、同社の側につく形となった。もっとも、運用を終えた衛星の廃棄に関する信頼性、衛星設計の完成度、軌道分離など、Amazonに関して提起されていた問題は他にもあった。

 SpaceXは2021年12月、運用を終了した衛星の廃棄に関するAmazonの計画に懸念を表明していた。また、衝突回避や廃棄のためのマヌーバーに欠かせない推進剤についても、割り当てられた量が十分でないとの懸念を示していた。

 さらに、SpaceXはFCCに対し、Amazonに対する承認を過去に許可されたKuiperコンステレーションの一部にとどめ、Kuiper衛星の数を578基に限定するよう求めていた。これは、Amazonがサービス開始前に低地球軌道に打ち上げることを希望していた数と一致している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]